ようやく3勝目

LAA 5-3 NYY

ようやく3勝目を挙げたエンジェルス。
今日の勝利はまずは、ピネイロ投手の好投が光りました。
打者を左右に揺さぶったぎりぎりのコントロールは圧巻。大味の投手が多い大リーグでピネイロ投手の制球力は、観戦する人たちは釘付けです。7回まで107球を投げて失点1は立派です。
彼の持ち味、伝家の宝刀・シンカーが冴えまくっていたのが好投の理由でしょう。あのA・ロッド選手を連続3三振に仕留めています。
a0094890_1234298.jpg

エンジェルスの得点に貢献したのは、3回表先頭打者のウッド選手のヒットから。レフト前に転がって今季ようやく3本目のヒット。そのあと、盗塁を決めて1番アイバー選手が右に打ってウッド選手が生還。先制点はエンジェルスでした。続く2番アブレイユ選手が右中間を破る2塁打。俊足アイバー選手が生還して、2点目。走って、打っての得点のあげ方がエンジェルスの持ち味なので、
ようやく調子が上がってきた様子です。
a0094890_125913.jpg

しかし、松井選手だけが本日ひとり蚊帳の外。3三振とまったくいいところナシ、でした。
もっともNYYの捕手はポサーダさん。松井選手がコメントしているとおり「知り尽くしてるでしょう」。しかし、再三の得点チャンスに打てなかったのは事実。「言い訳にはなりませんね」と、シブイ表情だったとか。ヤンキースタジアムでは10打席快音が聞こえてきません。
そんな松井選手にソーシア監督さんは、
「過去にベンチや外野から見ていた投手とはいえ、対戦は初めてだろ。そのうち打つよ」
と、涼しい顔でした。

a0094890_12115886.jpg明日もまたヤンキースタジアムです。

また、明日…。

人気blogランキングへ!
ここを ↑ クリック 開幕ご祝儀!

(写真はMLBサイトより)
…NY152…
by mlb5533 | 2010-04-15 12:08 | 第八章