カナダから 「勝ちました」!

ヤンキース同様に目下7勝3敗と、絶好調のトロントブルージェイズにエンジェルスは勝った!

a0094890_15333427.jpg結果だけ見ると、
LAA 7-5 TOR
接戦だったのか、と思われるが…。

2回裏、ブルージェイズはチーム好調の立役者である4番ウェルズ選手が早くも今季6号ソロで先制した。だが、ここからは最近のエンジェルスではない攻撃が展開していく。
3回に1得点で同点にして、4回1点、5回2点と5得点していく。
4回ケンドリー君の3号ソロも飛び出してあっさり逆転!
5回には、2番アブレイユ選手,3番ハンター選手の連続タイムーヒットだ。
マティス選手が、ケンドリック選手が、アブレイユ選手もハンター選手も続いて走る、走る。

LAA 4-1 TOR

8回、松井選手は粘りに粘ってくれた。フルカウントにさせておいて、さらに3球ファールで逃げる…。その結果、四球。こういう攻め方、エンジェルスの若き戦士たち、是非とも見習って欲しいです、ハイ。
見てたか、ウッド君…。
さて、リベラ選手がここでまたしてもタイムーヒットして、三塁盗塁をしていたハンター選手が生還、松井選手は2塁へ進塁。ここでソーシア監督はひらめいた。
走者交代。松井選手を引き上げさせて、代走。イズクリス選手が右中前のタイムリー2塁打! ソーシア監督さんの計算通りの速攻が展開しています。

LAA 7-1 TOR

a0094890_15443351.jpg7回までチームの大黒柱・ウィーバー投手は3安打1失点の好投を続けてくれたが、8回裏の先頭打者リッツ選手にホームランされて、ここで監督さんはバルジャー投手に交代したのですが…。

ここで、中継ぎ陣に不安を抱えていたエンジェルスの弱点がモロに出てしまったのです。

四球、タイムリー、ホームランとあっという間に、この回で4点を奪われて勝利が遠退いていきます。

勝利が決まっていた試合なのに、終盤に大波乱。もつれます…。

とにかく4失点でなんとか押さえて、9回裏はロドニー投手がしっかり打者3人で抑え、2セーブ目。

LAA 7-5 TOR

ひやひやしましたが、なんとかトロントを振り切った。生え抜きのウェルズ選手の大活躍もあって今季、好調な開幕ダッシュを続けていたトロントです。エンジェルスにとって、この1勝はただの1勝にはしたくない。

今日の松井選手は主役ではありません。むしろ脇役としてしっかりとチームを援護しています。8回の四球もそうです。
ウィーバー投手は無傷の2勝目。
エンジェルスは明日もまた、この勝ち方を続けて欲しいものです。この勝ちパターンで今季初の連勝を狙います。是非、声援を!

さあ、またあした、明日です。

人気blogランキングへ!
ここを ↑ クリックしてください。 

(写真はMLBサイトより)
…NY152…
by mlb5533 | 2010-04-17 15:49 | 第八章