連勝を期待して

ここ数試合、積極的に記事にしたくなるような試合がない…。
松井選手が不調という理由もあるけれど、せっかくの勝ち試合をあっさりと落としたり楽勝ムードでも終盤にハラハラさせたりと、投打ともに安定感がないからだろう。

松井選手が先日、
「ボクも人間だから」
と、コメントしていた。期待されていることを感じて、それが圧迫感につながっているか…。
ヤンキースのようなチームなら、ひとりくらいスランプになってもメディアは相手にもしない。防御率4点台の投手でもヤンキースなら10勝以上はできる。打撃でカバーできるからだ。
だが、このエンジェルスはホームランを量産する選手は限られている。従って、繋げていく打線でないとなかなか勝利につながらない。
投手視線も、先発、中継ぎ、抑えときっちりとバトンを渡していかないと勝ちないチームだ。もっとも、これが大リーグチームでは平均的なチーム作りではあるのだが…。

今晩遅く、京都から仕事を済ませてアパートに戻ってきた。見られなかった試合結果を楽しみにしていたが、相変わらず3つ負け越したままだった。松井選手は1安打2打点と勝利に貢献している。
差を縮めて欲しい…。

人気blogランキングへ!
ここを ↑ クリックしてください

…NY152…
by mlb5533 | 2010-05-24 00:06 | 第八章