7号2ラン! そして、ケンドリック選手「サヨナラ」だ!

人生、さまざま起きます、あるのです…。
野球選手も、太平洋を越えた国でも、ほんと人が生きていればあっちに転がり、こっちに転んでしまうものです。
まさか、がんばり屋・ケンドリー君があんな形で怪我をしてしまうなんて。しかも、この一番肝心な20連戦の真っ直中で…。その上、ハンター選手は手首に死球。3,4番抜きでプレーしなければなりません。
だめだわ、と嘆き悲しんで意気消沈していたら真の松井選手ファンとは言えません。こんな時こそ、超派手に声援しちゃいましょう。
a0094890_20331084.jpg
と、正直に言って半ば開き直りで応援していたら、いきなり「ガッツーン」の雄叫び。初球でしたよ、よく飛びましたね。青空から赤い色が映えるスタンドまで見事な放物線を描いて、第7号2ランからエンジェルス劇場の幕が開きました。この先制2点もあっという間に追い越され、5回までには先発・ソンダース投手が打ち込まれて、

LAA 2-7 SEA

a0094890_20305014.jpgしかし、今日の中継ぎ陣はいつもと違って結束を強めたのか、絶対に得点させない。
このがんばりが、エンジェルスのクマゴロー君こと、ケンドリック選手に伝わって、「2発」のホームランを「量産」したではありませんか。ケンドリック選手はユニフォーム着用と帽子を取った姿とは、格別な味の違いを感じさせてくれる選手です。とくに、あの笑顔は…なんていうか、役者みたいな人なつっこさを感じます。そんな彼を人は「クマゴロー君」と呼ぶようになったとか…。

逆転サヨナラホームランを打って、昨日のこともあり、全員がまずはホームでお出迎え。松井選手も珍しく素早くケンドリック選手を祝福。彼があの笑顔でテレれる姿がまた、いじらしい!
アブレイユ先輩はまるで風呂上がりのみたいな格好で後方から拍手を送ってくれていました…。

こんなときだからこそ、結束するエンジェルスが美しい。こんな時にだからこそ男たちのドラマに、ボクは感動してしまう…。もう、元気よく行きましょう!

LAA 9-7 SEA
2連勝。昨日もサヨナラ、今日もサヨナラでした。

どうあれ、松井選手の4番復帰です。さあ、あした。あした、明日…。

a0094890_20141287.jpg


…NY152…
by mlb5533 | 2010-05-31 20:38 | 第八章