単独首位! 6連勝だ!

オークランドとの初戦、勝ちました。
試合結果は、
LAA 4-2 OAK
6連勝!
お見事です。今日でジャスト60試合を消化して、32勝28敗、勝率.533。最近の10試合は9勝1敗と、文句なしのハイスピード体勢です。
同試合の前に、シアトルがテキサスと激突。リー投手を擁して西地区首位テキサスに乗り込んで、
SEA 4-2 TEX
で、シアトルが勝っています。リー投手のあわや完投勝利かと思わせる好投で、3連敗がストップ。テキサスが敗れましたから、今日の時点でエンジェルスが単独首位です。ようやく、ここまで来ました…。

ケンドリー君が世紀の大怪我をしたときは、心臓に冷水を掛けられた感じでしたが、エンジェルスの選手諸君、全員でカバーしあって、ここまでがんばってきました。「夢」をあきらめずにまっすぐプレーする、こういう選手たちを応援している自分が誇らしいです、ハイ。
松井選手ですがきょうもヒットを打っています。この試合でボクが気になったのは、オークランドのヘンリー ロドリゲス投手です。昨年デビューした23歳の若き投手。ストレートがものすごいのです。
松井選手は4打席目にヘンリー君と対戦しましたが、時速101マイル! 外角低めにコントロールされて、速いけど制球がいいのですよ。もしかしたら、もしかする投手に育つ可能性が大、と見ましたね。
松井選手は100マイルを超える速球に手を出していました。もう少し内側に寄ってきていたら、ファールにはなっていなかった。タイミングはドンピシャリだったから、「アレ」になっていたかも…ですよ。

こういうスイングを見せられると、さすがは日本の4番打者・松井秀喜選手だなあ、と感心してしまいます。100マイルを超える速球でしたよ、それにバットを合わせてくる選手ですよ、松井選手って。すごすぎでしょう。みなさまにも、見せたかったです…。バットを短く持って、なんてしませんよ、松井選手は。いつもの通りの打撃フォームでしたから、ハイ。
と、言うことは、です。あと3試合オークランドとの対戦が残っていますから、ヘンリー君との再対戦もあり得るってことですから。ヘンリー君の100マイル以上って、まぐれで出たスピードではないですからね。ストレートはこの程度のスピードで何球でも平気で投げ込んでくるんですからね。
これは、見物、でしょう。松井選手もこの若き投手との対戦はおそらく初だったと思います。今晩あたり、長嶋監督さん直伝のスイングをして速球撃ちを勉強しているかもしれませんよ。

で、もし、もしですよ、もし…。
100マイルを超える速球を「アレ」に出来たとしましょう。それが150本目の「アレ」になったら…どうです、すごいと思いません。時速100マイルって、キロメートルに換算すると、160キロ以上の猛スピードってことですからね。そんな球なげる投手は日本にはいません。こんな速球をコントロールして投げることじたい、もうベースボールというスポーツの領域を超えてます、ハイ。
しかし、ですよ。こういう投手が現実に大リーグにはいるのです。だから、なんですよ、ヘンリー君の剛速球ストレートを松井選手の「人」の文字になる打撃フォームで、「アレ」にして欲しいです。

ま、とにかく6連勝。首位です。奪取はどのチームでも出来ますが、維持する方が困難。維持していきましょう、いまのペースを。

では、明日。そう、あした、明日です。

人気blogランキングへ!
ここを ↑ クリックしてください

…NY152…
by mlb5533 | 2010-06-08 15:39 | 第八章