「ふつう」に打てればこの結果

昨日だ。
松井選手が今季初の4安打の大暴れ。しかも、ブルージェイズの左腕、ブレッド・セシル投手からだった。試合は、
LAA 7-2 TOR

初球打ちの先制2ラン。これも最近では珍しい。
「内角よりの直球に非常にいい対応ができた」「いつも言うけど、打つべきボールをちゃんと打てた。それだけだと思う」
最近、左投手は打てない、とのレッテルを貼られていた松井選手だがそんな風評もどこへやら。

いずれにしても、こういう日が少なかったのが今季。NYY時代のようなつなぎの打法から試合を決める大砲として要求された感じがする今季。出会う投手も初物揃い。打撃もついつい力みがちになっていたけれど、昨日はすっかり「ふうつ」の松井選手です。
このまま「ふつう」にやり続けて欲しいものです。

今日はトロントンにやられましたが、いよいよ明後日は移動日を挟んで「ボストン」です。
そう、松井選手のファンの方々なら「おいしい!」とニタリ顔になるでしょう、その3連戦です。
果たして…。「ふつう」の松井選手なら、「いつものように」打点稼ぎをしてくれることでしょう。
チームとしては、もう後へは引けません。期待しましょう。

…NY152…
by mlb5533 | 2010-08-16 08:46 | 第八章