久々の観戦で16号3ラン!

松井選手の16号3ランが飛び出した!

今日は久々にゆっくり出勤日。なので昨晩、DVDを大量に借り込んで、見たくて我慢していたハン ヒョジュさんの新作ドラマを一気に鑑賞。韓国の友だちから聞いた話ですが、なんでも彼女って、マツイファンのはずだとか。ほんとかいな? MLBを追っかけているそんな粋な韓国女優さんっているのかなあ…? なら、うれしい限りですが、ね。

さてさて、久々に今朝はBS中継観戦です。お手製のアイスコーヒーをテーブルに置いて、いざエンジェルスの試合を。相手は今季やられっぱなしのボストン。しかも、先発はベケット投手。調子を落としているとはいえ、いくらなんでもベケット投手が相手です。ちと、いやな感じ…。
4回裏、オルティーズ選手のソロホームランで先制され、アラまたかぁ、と思いきや、6回でした。
イズクリス選手、カラスポ選手の連続二塁打で同点として、ハンター選手のヒットで三連打。走者1,3塁の好機だ。
ここで松井選手が打席に立ったのですよ。

ベケット投手とはNYY時代からのガチンコ勝負がボクの目に焼き付いたまま。
第1打席は球の下を叩いてフライに。第2打席は外に流れていく球を空振り。さあ、この打席は…。
その初球だった。
インサイド低めに球は落ちていく…。松井選手はまるでその球が来ることを知っていたかのように、軽々とすくい上げるようにバットを振り抜いたのですよ。
a0094890_158683.jpg

飛びました、飛びました。ライトセンターに舞い上がった白球はボストンブルペンに放り込む16号3ラン!
かなり難しい球なのに試合後、松井選手は「そんなに難しいボールじゃない」とおっしゃったのでございますから、きっと打撃の調子は「いい」ようです。最近出場した5試合で打率5割、2本塁打6打点。気がつけば打率も.255に急上昇。チームも勝率を5割に戻ししました。

西地区首位のテキサスは67勝で足踏みが続きます。昨日までレイズと3連敗して、今日はお客様のまずのボルチモアにも負けて、これで4連敗。野球はなにが起きるかわかりません。
エンジェルスはこれで61勝。明日からミネソタと3連戦。3連勝したら…なにが起きるかわかりません。

あたしも松井選手の「アレ」が飛び出せば、おもしろくなってきます。
さあ、あした、明日!


…NY152…
by mlb5533 | 2010-08-20 15:09 | 第八章