現代っ子ティム投手119球の熱投完封

現代っ子は世界中どこにだっている。このMLBでも。
ティム投手がその代表だろう。しかも、ジャイアンツでの背番号が恐れ多いことに「55」なんですよ。ボクのようなこだわりモノは、「1を引いて、54にしておけ」と言いたくなるほどの典型的カリフォルニアのオトコの子なんですが…ね。まだ26才。遊びたい盛り。なのでグランド外でも騒々しいこと。トレードマークの長髪を風になびかせて投球する姿は、オナゴどもには魅力的なのでしょうか…、キャアキャア。

この現代っ子が今日、たったひとりで自軍のマウンドを守り続けた。
まさしく熱投でした。速球と落ちる球を使い分けて119球を投げ抜き、アトランタを2安打に押さえての堂々の完封勝利。14奪三振は実力です。

ティムは子供の頃からベースボールが大好き。あこがれは「24番」でした。そう、シアトルのケン グリフィJrでした。今季、シアトルとの対戦があった日、ジュニアが「おおティム。元気か」と一声掛けて歩き去った。ティムは「……、…」と、口の中でモジョモジョ。なんにも言えなかったそうだ。で、しばらくして「聞いたか、オイ! あのジュニアがボクの名前を呼んだんだ、ボクの名前を知ってたんだ!」と、記者たちに大興奮しての報告。記者たちはこの光景に大爆笑したがそれほどティムにとっては大先輩であり、彼なりに敬意を示している。

昨年まで2年連続サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)に輝いた好投手、ティムにとって生涯初の「10月決戦」。実力も才能もあり余る現代っ子投手だが、チーム事情からなかなか「10月」に駒を進めてこられなかった。

今日の試合は全世界に放送されたことだろう。全世界の若者たちが見ていたことだろう。そして…
きっと、ジュニアも観戦していただろう。
さらには、ティムだけを見たかったファンも多かったことだろう。
で、またひとつボクの「夢」が増えた。いつの日か、元祖背番号「55」の元東京ジャイアンツ4番バッターとサンフランシスコジャイアンツ「55」の対決を「10月」で見たくなってきた…。

ジャイアンツのティム投手、君の背負った「背番号55」に免じてボクも君を応援してたよ…。
おめでとう! やっちゃったぞティム!
a0094890_1741377.jpg

…NY152…
by mlb5533 | 2010-10-08 17:02 | 第八章