帰国した松井選手

お帰りなさい!
a0094890_13105071.gif

松井選手が昨日、帰国した。メディアは「貫禄帰国」と題して記事にしている。
先日NHKBSに登場していた上原投手が先輩の「松井選手には打たせない。絶対に抑える」と豪語していたが、帰庫した松井選手は記者団に対して「ダメですね。気合は入りすぎるとダメですよ。打たれると思います」とサラリとダメ出しをしてくれた。一方、来季からエンジェルスにした後輩・高橋投手は「内角をえぐるつもり」と松井選手にはとくに意識していたが、「目をつぶっても打てると思います」とあらまあ軽くあしらった。
来季は楽しくなりそうだ。
そもそもオークランドが松井選手獲得に動いたのは数年前からだったと米国メディアは報じていた。松井選手の持つ「チーム打撃」であり、そして「アレ」だ。状況に応じて打撃を変化させる松井選手の巧妙な打撃をチームに欲しかった。投手力ならリーグ1位の防御率を持ちながら打撃成績は14チームでは13位でしかない。打点稼ぎが出来る打者がいなかった。松井選手の持つ天性の「チーム打撃」は、すでに高等学校時代から培われている。チームの勝利のため、が松井選手の打撃の基本だ。日本でもそしてMLBに移籍してもその基本姿勢は変わらない。その試合姿勢がヤンキース監督のトーリ監督さんをうならせ、「マツは素晴らしい選手のひとりだ」と言わしめている。まあ、プロ受けする選手が松井選手っていうことなのだろう。
なので、来季は体調に万全な配慮をしつつ、「チーム打点王」の座を獲得して欲しい。願わくば100打点アップを。

さてさて、来季。
アメリカンリーグ西地区はシアトルのイチロー選手、ロサンゼルスは高橋尚成投手、テキサスには建山義紀投手がいる。そしてオークランドには松井選手。西地区チームの全てに日本人選手が在籍しているのが観戦しているボクにとっては楽しい…。
果たしてどこのチームが「10月決戦」に駒を進めてくれるのか…、と言ってもボク個人はいまからオークランドだ、と宣言しておく。

…NY152…
by mlb5533 | 2010-12-30 13:11 | 第九章