ゴジラ人形が歓迎!

20日、キャンプインに備えて松井選手がアリゾナで今季初の打撃ゲージに立った。
a0094890_12502816.jpg

80球を打ち込んだようだ。その様子がMLBサイトに載っていた。ここ日本にまで、快音が届く。
いよいよ始まったぞ、そんな気分にさせてくれる…。
その後、膝の具合は「手術した(2008年の)後では一番いい」と頼もしいコメントも届いた。


a0094890_17485788.jpg初めてクラブハウスに入った松井選手を出迎えてくれたのは、180センチもある巨大な「ゴジラ人形」が歓迎のご挨拶。ご本人はのけぞったそうだが、これをプレゼントしたのは昨年完全試合を達成したブレーデン投手。彼は28歳になったが、未だに大のおもちゃ好きは変わらない。なにせキャンプにラジコンカーを持ち込むほどで、実はその様子はMLBサイトで紹介されているほど。
どうやらゴジラ人形はインターネットで購入したらしい。抑え投手のベイリーらと一緒に背番号「55」のユニホームを着せ、ご丁寧に白いシューズまで履かせた凝ったお人形に仕上げた。ようするに、チームメイトたちがみんなでゴジラ人形を手作りして、松井選手に歓迎の印としてプレゼントしたということだった。
松井選手は「このように迎えてくれて、うれしいですよね」と記念写真まで撮って大喜び。
ブレーデン投手は日本のメディアにこんなコメントをしていた。
「俺たちがどれだけ喜んでいるかを分かってほしかった。(松井に冗談が通じ)押し倒されなくて良かったよ」そう言って大笑いしたそうだ。

松井選手は昨年ヤンキースタジアムでの試合でヤンキースの元同僚たちが彼を取り巻いた光景もそうだが、仲間たちから歓迎される。きっとそういう人柄なのだろう。
さてさて、このゴジラ人形へのお返しは、そうです、ご本人の「打点」です。おもちゃ大好きお兄さん・ブレーデン投手は昨年大ブレイクした。30試合で11勝したが、14敗している。大きく崩れての敗戦ではない。援護があればあと2,3勝は出来たはずだ。とくにシアトルにはなぜか負けが多いのだ。これをカバーしてくれる大砲に、松井選手がなって欲しいだろう。実はボクも密かにそれを信じているのです。

昨シーズン、まさかまさかのまま、若きジャイアンツ軍団がワールドシリーズを制しました。ジャイアンツは今季かなり強くなっているはずです。同地区のドジャースはマッティングリー新監督になり打撃重視になるだろうし…。一方、日本人選手のイチロー選手、松井選手がいるALの西地区は昨年以上に、熱くなりそうです。地区優勝をするには、シアトルには負けられませんぞ…。
a0094890_1521335.jpg

a0094890_168579.jpg

(写真はMLBサイト&サンスポサイトより)

…NY152…
by mlb5533 | 2011-02-21 12:53 | 第九章