疑惑の外角低め…

松井選手のファンだからなおのこと、人並み以上にムッとしますよ。
そうです、今日のあの外角低めの球のことです。判定が、「?」でしたから。それも立て続けに…。
あれって「ストライク」ではないでしょう…。低すぎませんでしたか?

外角低めの判定のお陰で、最終打席の三振は外角低めでした。それも誰が見ても「ストライク」ではないのに、それでも松井選手はバットを出さざるを得ませんでした。見送れば、判定は「ストライク」とコールされかねないからでしょう。
松井選手はみんな知っているように、審判には従う選手です。かつて、審判に抗議した姿をみたことがありましたか。で、今日は違っていました。珍しいことですが「低い」と、抗議しています…。

よほどムッとしたのでしょう。
せっかくの打点2だった逆転2塁打がかすんでしまいます…。

確かに判定が覆ることはありません。それだからこそ、審判のジャッジは納得できるものにしてほしい。
まあ、松井選手のことです。こんなことで打撃に影響は出ないでしょうが…。
ちと、負けが込んできました。明日はお返しをして欲しいです。

…NY152…
by mlb5533 | 2011-04-07 13:16 | 第九章