さあ来い ティム! 500号を狙い打つ!

日米通算499号!
a0094890_4175856.gif
なんとMLBサイトの中継アナがわざわざ紹介していた。それも何度となく…。
ボクは日米通算という数え方には、さほど関心がない。松井選手の大ファンとしては、あるまじき姿勢なのだろうが、まあ、それはいつか機会があれば書いてみたいとして、とにかく米国のアナウンサーがこれほど声を大にして「マツイ、4,99!」と連呼していること自体が嬉しかった。「読売ジャイアンツ」とか、日本語で「ウタ~(たぶん、打った!、でしょう)」と言って笑っていましたから…。

いずれにせよ、あと1本です。

ところで、なんとなくしっくり来ないのですよ。というのは、松井選手の今季ホームランはこれで6本ですが、2号から今日の6号まで、全部左投手から打ち込んだ結果です。
あきらかにこれって「左殺しの打者」でしょう! ゴロシということばは避けましょう、「左得意の打者」ですよねぇ。違いますか?
もしそうだったとしたら、松井秀喜選手って「左得意の左打者」ってことになりません? そうそういませんよ、こんな打者は…。これって、珍品の選手でしょう!
なのになぜ左投手の時に先発を外していたのでしょうか? それって逆でしょ! 使わないと損しますよねぇ。そもそも、エンジェルスの監督さんが「マツイは左に弱い」とか「左打球が飛ばない」とかお決めになられたんじゃなかったでしょうか?(???ヘンな日本語) 
ヤンキース時代にそんなことってありましたか? ないですよ。エンジェルスの監督さんと同じことを松井選手にしたらうまくいかないでしょ、それは去年で証明されています…。
こんなことは書くべきではないのですが、あえて…。監督さんが変わったらスタンドのお客さん、増えましたねぇ…、MLBサイトの中継を見ればよく分かります…。

メルビン監督さんの「マツイ3番固定説」って、これ、絶対に伝説になりますよ…。
監督さんが変わったら、俄然勝利が近いのですから。

ついでに、もうひとつ。
a0094890_4192345.gif
それはもう皆様、とっくにご承知、9番固定のジェマイル・ウィークス選手の大活躍のことです。
6月6日にデビュー。エリス選手が故障でその代わりとして上がってきた2塁手。昨日の試合で走りまくったり、バントしたり。あたかも日本野球を見させてくれるような選手です。そのうえ、ヘアスタイルがおかしい…。髪の毛が広がっているせいでヘルメットが飛んじゃう。そして、うまくいくと、白い手袋のままで、パンパンと自分で拍手してる。楽しい選手が入ってきましたぞ。
この選手、どっかで見た気がするんですが…。

a0094890_4201281.gifスター不在のオークランドで、この選手は子供たちに絶対に人気が出ると保証します! その意味でも、いい選手が登場してくれましたね。身長180センチ足らず、体重75キロ程度と大リーグにあって、すこぶる小柄。そのため、怪我が心配ですが、とにかく何かしでかしてくれますから、打席に立つと見ていてワクワクしちゃいます。

1番がクリスプ選手で固定できたとしたら、「打線」ではなくて「打円」になる可能性のあるチームに変身できます! 
ウィークス選手が出れば盗塁を狙います。そして、クリスプ選手は悪くても進塁打は打てる器用な打者。連続出塁したら、ダブルスチールだって出来ます。こういうコンビは相手投手にしたら、イヤな感じ、でしょう。で、3番に松井選手ですよ…。得点力が俄然アップアップです。
10連敗のお返しは容易くできます。テキサスが最近もたついているし…。

メルビン監督さんは交流戦では「マツイはライトをやってもらう」とか言っちゃったそうですね。
明日から、昨年のワールドチャンピオンのシスコとの3連戦。しかも、です。先発予定が、あのスーパースター・ティム投手です!
絶対に「マツイはライト」で先発して欲しい。そうなったら「55番対決」がどっぷりと観戦出来るというものです! これは見物ですぞ! 皆様でしたらどっちを応援しますか? 

さてさて、冗談はさておき、もし明日、オークランドがティムを叩けるならば「10月決戦進出」はただの夢物語ではなくなります。大多数の人々は、シスコの勝利を疑いません。絶不調のオークランドを相手にするティムは目を閉じても1勝できる、と言うでしょう。だからこそオークランドがティムを叩けば、本当の意味で、チームの実力がアップした証拠です。
新人ウィークス選手が果たしてティムと対戦してどうか、もまた見物でしょう。こんな素敵な試合が用意されるなんて、いいですねぇ、MLBって。

さあ明日、あした…。

でも、明日は会社だワさ…。
また今晩同様、MLBサイトの中継録画を見るのか…。

ティムよ!
明日、マツイが君の速球を豪快に叩く!
500本目を君から打つ!

がんばれオークランド!
さあ、いこう、松井選手!
ティム、もしマツイが先発したらガチンコ勝負で来いよ! 
外に落として勝負、なんて逃げないで欲しい! 堂々の対戦をしよう!
君の98マイルの剛速球をゴジが砕いてみせるから! シアトルの師匠もそう言ってるぞ!


…NY152…
by mlb5533 | 2011-06-18 04:20 | 第九章