四番で勝利!

これですよ、これ!

4回、四球で出塁した松井が6番打者への初球でスタート。
一塁手が塁から遠のく。けん制の可能性は低い。先発右腕の投球フォームは大きい。
「これなら自分でも行ける」と判断。2007年以来の4季ぶり盗塁を決め、直後の右前打で同点のホームを踏んだ…。
続く5回、2死一,二塁。四番打者・松井選手は速球を痛烈に右翼線へ。得意の二塁打だ。ふたりが生還した。膝が回復している証拠だ。
試合結果は、
OAK 5-4 ARI

今日の勝利はあきらかに四番の活躍だった。これが見たかった…。
これから、こういう試合展開になるようなら「10月決戦」進出の可能性はぐっと高まってくる…。
明日もみたい。こういう試合を。


…NY152…
by mlb5533 | 2011-07-02 23:55 | 第九章