9号は3ラン! 特大ホームランだ

ハッキリ言って、本日の試合はシーズン一度の「お祭り試合」でした、ハイ。
昨日「エコ軍団」って呼んであげたのに、まったくオークランドったら! 逆の試合展開をして、ボクに恥をかかそうとしている…。
a0094890_1741480.jpg
5回あたりから、もう見てられない…、レイズの大黒柱シールズ投手がわずか4回で音を立てて崩れていく…。
終わってみれば、先発並びに代打選手全員が安打を記録。打ちに打ったり、17安打、2本塁打の大爆発だ。
松井選手は3回、二塁打で先制打を放つと、4回には思わず
「あ~~~あッ」と、
ため息が出る滞空時間の長い超特大の9号3ランをあの広い球場の2階スタンドまで運んでしまう…。
ものすげぇ(失礼!言葉が乱れましたが、要はそれほどでっかいヤツでしたよ)ホームランだ!

今の松井選手ってどんな投手でも手におえません。かつて、ヤンキースの打撃コーチだったマッティングリーさん(現・ドジャース監督)もおっしゃっておられます。「好調時のマツイは手がつけられん!」と。

あれよあれよという間の12試合で、松井選手は11試合に出場。
その結果は、42打数24安打17打点3本塁打、打率.571!

a0094890_179418.jpgホームランは4試合に1本のハイペースで量産している。
そして今日、5打点の荒稼ぎをして、ウィリンハム選手の打点を抜いてチームトップの51打点。打点王になってしまった。ほんと、前半戦までの松井選手はなんだったんでしょうねぇ…。MLBでの堂々たる3番打者であり、日本野球で言う不動の4番打者です。この調子を維持して欲しいものです。

松井選手が当たり始めてから、チーム全体に「打て行け症候群」が伝染しています。この「熱」はよい熱、正しい熱ですから、いいのです。あっちコッチから打点が上がりますから…、ハイ。

OAK 13-4 TA
でしたが、ちと、最終回は…。ああいう試合こそ、きちっと閉めないといけません。
さあ、明日です、あした。
(シアトル、とにかく本日はよかった…)

…NY152…
by mlb5533 | 2011-07-28 17:03 | 第九章