2600本の安打!

去る18日にチーム月間MVP賞をいただき好調を維持している松井選手が昨日、トロント戦で日米通算2600安打を記録した。左腕のブレット・セシル投手からセンター前に運んだ安打だった。

日本では2600安打以上を打った選手は、張本勲選手の3085本を筆頭にして、野村克也選手2901本、王貞治選手2786本の3人だけ。日米通算はイチロー選手と松井選手のふたりだけ。
この大記録を達成してもさほど個人記録には関心が薄いのか、感想を聞かれても「別に」と答えていたとか。それにしても改めてこの安打数を見ると松井選手の現役選手としてのキャリアには感心させられる。息の長い選手、というのが素晴らしい。
a0094890_7301874.gif

個人的にはヒットは「出ないより出る方がいい」に決まっているが、そろそろ「アレ」が…と期待しています。ここ数日間、仕事が「変則ダブルヘッダー」が続いて、松井選手の試合が見られないのが残念です。
明日と明後日の舞台がすめば、ボクの今年の夏が終わります…。二期会のプリマが初めてミュージカルに挑戦してくれたこと。ピアノ1本からバンド編成を加えた複合音楽に挑戦できたこと。新人とベテランのチームで構成できたこと…。今年の夏で9年目の舞台になった。
松井選手の500ホームラン、2600安打に比べたら…いや、比べる価値すらないけれど、ここまで支えてくれた仲間たちには感謝でいっぱいだ。松井選手の「アレ」に期待しているが、ボクは明日と明後日の自分の「試合」で、「アレ」を打ってみたい。松井選手のように…。


…NY152…
by mlb5533 | 2011-08-21 07:32 | 第九章