対NYY2勝1敗 さあ、ボストンへ!

昨日の試合はもったいない。
7-1
とリードしておきながら、満塁弾3発を浴びるという大リーグ史上でも初の珍試合をヤンキースに与えてしまった。結果は、
22-8
の大敗だ。

とにかく、満塁の場面が多すぎだ。四球が多かったからだろう。
投手もそうだが、捕手で負けたのかな…とも思われるが。この日、正捕手のスズキ君は休養日。新人捕手だった。自軍の投手の特徴を完全に把握仕切れないままマスクを付けたのではないだろうか。
しかも、相手はヤンキースだ。A・ロッド選手まで復帰して5番に先発した打線。アスレチックスの打線と比べたら、羨ましいというより、眩しいほどだ。
昨日は確かに見ていられない試合展開だったが、このヤンキースを相手に3連戦を戦い、2勝1敗。
ボクはこれを評価したいのだ。いかに、投手力が備わっているチームであるかが証明されている。ただ、先発投手力はいいけれども、中継ぎと抑えは…。

サイズモア選手にクリスプ選手、そして我がチームの4番を張っているウィリンガム選手がヤンキースのスター軍団と比較したら地味も地味。でも、後半戦から完全にゴジとウィリンが「MW砲」になって得点を上げる場面が増えた。たしかにチーム打率は.250まで届かないにしても、ヤンキースを相手に2勝である。「エライ!」です。
a0094890_9541420.gif
a0094890_9542558.gif


明日からはボストン。
ボクは個人的には、「ボストンチームが大嫌い」と仲間には公言していますが、エルズベリ―選手にペドロイア選手、そしておっさんのオルティーズ選手など他チームに比べて好きな選手が多いことも事実です。超狭苦しい球場です。ホームランが多く飛び出す可能性が高い。

松井選手の「アレ」を、そろそろ見ようではありませんか…。
ヤンキース、そしてレッドソックス。今シーズン最も熱い試合が続きますぞ。


…NY152…
by mlb5533 | 2011-08-27 09:43 | 第九章