247本目の二塁打!

今日の試合で松井選手は3本立て続けに、二塁打を量産した。今季27本目を数える。5打数3安打で、打率を.264に上げた。そして、今日の二塁打での出塁は全て得点に繋がり、勝利に貢献。8-5でシアトルを下してオークランドは4連勝。明日はカンサスとの3連戦が控えている。
a0094890_22452075.gif

松井選手は、大リーグ生活9年目の今日現在で通算247本の二塁打を記録した。日本での選手生活10年間では245本の二塁打を打ったが、大リーグでの二塁打数はこれを上まわった。
それにしても、2打席、3打席の当たりは打った瞬間、ほとんど「アレ」に見えたが…。広い球場なのだろうと、改めて実感した。しかも、今日の3本の二塁打は2本が左方向への強烈な打球になって飛んでいった。この打撃、松井選手の打者としての円熟味さえ感じさせる。お見事、だった。
a0094890_22462246.gif

確かに、松井選手の最大の魅力はやっぱりホームランだろう。03年ヤンキースに移籍した時、随分二塁打が多いなあ、と思って観戦していた頃を想い出した。数字でも明らかで、03年42,04年34,05年45本の二塁打を放った。日本では96年に34本の二塁打が最も多く、例年20本台だったはずだ。
大リーグでは、もう少しでホームランという打球も随分あった。ご本人も今日「パワー不足」と応えていたようだが、大リーグでは「完璧な打撃」でないとホームランにはならないとかつてご本人はコメントしていた。
これはあくまでも数字上だが、大リーグ生活ではホームランが少なくなったぶん、圧倒的に二塁打が量産されている。日本時代とは違って、大リーグでの松井選手は中距離打者のイメージが強いのではなかろうか。アメリカのファンたちはそうであっても、ボクは相変わらず松井選手には「アレ」を期待している。
打席に立つたびに、無言で「打っちゃえ!」と叫ぶ…。

今季、あと22試合が残っている…。
a0094890_22455599.gif


…NY152…
by mlb5533 | 2011-09-05 22:51 | 第九章