残留との報道

オークランドは今季9試合を戦ってシーズンを終える。テキサス、ロス、シアトルとの各3連戦だ。
西地区チームとの9連戦だから時差のある東地区移動に比べればさほど疲労感はないだろう。

西地区ではテキサスの優勝が決定的になった。明日からの3連戦ではテキサスは優勝マジックをひとつでも減らそうとゴール目指して全力でプレーしてくるだろう。
オークランドは今季、テキサスにはだいぶ叩かれてしまった。テキサスをここまで優勢にしたのは、オークランドの戦いぶりも原因だろう。すっかり「お客様」になってしまった。

ところでこの時期になると来季のチーム作りが報じられる。それによると、松井選手は来季もオークランドに残留、ただし減俸とのことだ。まあ、そうだろうとうなずける…。打撃成績が大リーグ生活9年間で一番ひどいシーズンではなかったか。
それには様々な原因があるのだろうが、反面、ラッキーだったシーズンとも言えまいか。

というのは、ケビン監督のままだったとしたら…。これほど打席に立つ機会に恵まれなかったと思える。
4月開幕して調子が上がらなかった松井選手をさっさとベンチに引っ込めた。左投手では、先発から外していた。打席にたてなければ打撃成績云々どころではないだろう。メルビン監督になったとたん成績は急上昇していった…。メルビン監督代行は「毎試合3番を変えていては、選手の信頼が薄らぐ。松井選手が3番固定だ。最もふさわしいからだ」と。追い上げたものの、チーム全体は「借金10」の壁をなかなか突破できなかった。ずるずると後退してしまった。

果たして今季の「10月決戦」にどこのチームが進出するのか楽しみだが、来季は松井選手のいるチームがここまで駒を進めて欲しい。

…NY152…
by mlb5533 | 2011-09-20 10:36 | 第九章