特別待遇!

a0094890_18404384.jpgなにが特別待遇なし…ですよねぇ。
マイナー契約した4月30日、そんな報道がされて、ボクはなんかビクビクしてました。それが、ですよ、皆様。背番号は未定だの、練習もみんなと変わらないだの、移動も同じだとか…。
ところが蓋を開けてみたら、現実はこの待遇じゃないですか!

スゴイですよ!
レイズ球団が松井選手に賭けてる思いが…スゴイ!
「好きなだけやっていい」とか言っているそうですから、ハイ!
しかも、です。背番号は堂々の「55」を用意していた…とは。どうします、全世界のマツイファンたち、レイズ球団ってなんかこう…江戸っ子気質なんでしょうかねぇ。
粋な計らいをしてくれました。

もう、ボクは涙が…でませんが、笑顔の連発状態です。仕事になりません! レイズ球団さん、あんたはスゴイですよ。

なので、いきなり右中間へ「2点二塁打」を放つマツイ様でした。打点2。いただき、です。ハイ。
その上さらに、7回制の試合形式で進行したようですが、松井選手は打つだけ。しかも一回から三回まで「イニングの3番目の打者」として毎回打席に入って、割り当てられた3打席を消化したとのこと。
他の選手より一足先にお役ご免となり、守備練習などに時間をあてた…。と、報じられていました。

これ以上の「好き勝手」をさせてくださるレイズチーム、今まで所属していたチームの扱いとは、全然違いすぎじゃないですか。

これ以上の待遇はないでしょ。
「そりゃあそうでしょうよ。世界の頂点に立った選手でしょ。そのくらいしてもらわないと。当然、です」
とは、事務所のやっちゃんの弁。「相手が違いすぎです」

…で、この届いた写真、ご覧になりましたか?
「人の字」がきえてはいません、…か?
a0094890_18414696.jpg

左足先はホームベースに完全に向いたまま。まるで、左足が壁のように体を支えている…と、ボクは野球の打撃はまったくわからない素人なので、ただ、今までとは「あれ…なんか違うんじゃないかな?」
と、写真を見てそう思いました。

打率を上げること。そしてチャンスに打って「打点」をあげて欲しいですが…。
皆様、この左足先、今までの「人の字」フォームとは違ってますよねぇ…。見慣れていないから、いいのかなぁ、これで、と心配になってきますが…。

いままで「暇」してたただの浪人とは違って、10月から4月まできっと松井選手はひとりでコツコツと打撃研究をしていたはずです。改善点を探すには、十分な時間をもらえた、ともいえそうですね。
果たして、その研究の成果を一日でも早くボクに見せて頂きたいものです。
ハイ!
a0094890_18425866.jpg











…NY152…
by mlb5533 | 2012-05-09 18:47 | 第十章