「35」の本調子は…

この2月から韓国釜山と東京板橋間の往復が続いていたけれど、一昨日ようやく一段落です。日本でしていることが果たして「海外」でも通じるのか、不安がありましたが終わってみると韓国の学生たちは日本の学生以上に熱心に授業に参加してくれました…。

釜山の食堂はおおよそ夜9時を過ぎれば終了するお店が多いです。夜遅くまで残って営業している食堂はチェーン店の「のり巻き屋さん」程度。授業が9時頃に終了するので多人数で食事が出来るお店を探すのは難しい。センタムシティからタクシーでブギョンデ方面へ。学生街です。飲み屋さんが多いけれど「焼き肉屋」ならありそうです。
ところで、韓国は日本以上にプロ野球が好きな国民かもしれません。どこに行ってもテレビで野球中継を流しています。釜山は「ロッテ・ジャイアンツ」の本拠地。ボクも野球が好きなのでついつい箸を止めて見入ってしまいます。ただし、そのプレーは…ん--、なんてシーンが続出します。若いなあ…と感じます。

MLBは有線で流しているようですがボクはPCで見ていました。と言っても、韓国にいるときは板橋にいるときとは違って思うように見られる時間がありません。試合結果だけを「ボックススコア」で眺めている方がほとんどです。

ここ韓国にいても気になっているのはやはり、松井選手。「35」という真新しい背番号で新人選手のようです。まだまだ本調子ではなさそうです。ただ打席に立っている松井選手の表情を見ると、まったく変わっていません。むしろ堂々としている感じが漂います。ボクなんかは、打席に立つたびに「打て打て打て」とお祈りでもするかのようにつぶやいてしまいますが、ボール球は堂々と見送り、スイングするときはしっかりと振り抜いています。
そんな松井選手の打席を見ていると、なんでヒットにならないだろう。もう少しでスタンドインなのに…と不思議です。

野球のひとつひとつのプレーには、「訳がある」とあの人から聞いたことがあります。点取り合戦が野球ですからその「訳」とは、点が取れるプレーになっているかどうかだ、というのです。松井選手に興味を持ったのは、日本でも数少ない「訳」を理解して、プレーに生かせる選手だということを聞きました。現在はさほど派手に目立つ活躍はしていないようですが、松井選手のことです。なんとかしてくるはず、とボクは楽観しています。



…NY153…
by mlb5533 | 2012-06-28 08:32 | 第十章