楽しさ

11日、釜山は朝から雨模様だった。
でも10時過ぎから広安里は晴れきたから、社稷運動場に行ってみる。
アジアシリーズの決勝戦を見られるなんて、実に幸運だ。
A組1位のラミゴ(台湾)とB組1位の巨人の戦いだ。巨人はラミゴを6-3で下し、大会初制覇した。

ところで、これだけの試合をしていたにもかかわらず観客席はガラガラ状態。隣にいた日本人が「まるで高校野球の予選みたいですね」と寂しそうだった…。アジアシリーズはまだまだ未完成。いくら地元韓国の2チームが消えたとはいえ、この状態ではあまりにも寂しかった…。
日本でもそうだろうがアジアシリーズの位置づけが不明確なのだろう。大リーグのオーナーたちの主導によるWBCとなると、あれだけ大騒ぎをするのに…。今度のWBCでは大リーグに属する日本人選手たちの相次ぐキャンセルが報じられている。しかし、第1回、2回の時ほどメディアは否定的論評を加えない。かつて、様々な事情から辞退した選手がいたが、その選手に対してかなり否定的報道をしたことはすっかり忘れているのだろう。

世界大会とはなんだろう…と、考えざるを得ない。
日本のスポーツメディアは「勝つ」を前面に押し出す。しかし、世界各国の野球選手は個人的にもまた全体的にもWBCのとらえ方がずいぶんと違っている。たとえば今季ワールドシリーズを制覇したサンフランシスコジャイアンツのティム投手などは、アメリカ代表で出場しないかもしれない。母親の祖国であるフィリピン選手として参加しようと考えている。
もし、「勝つ」ことだけに価値を置くとしたらUSA代表で出場すべきだろう。しかし、ティムはそうしないかもしれない…。

ベースボールとは「勝つ」しか術のないものか…。もしそうだったとしたらボクはとっくに野球観戦から逃げ出していたろう。
「プレーボール!」
と、宣言しているからボクはベースボールに興味がわく。

韓国もなんとなくだが、日本人のこの「勝つ意識」と似ている気がする。ベースボールの楽しさを伝えるメディアが「楽しさ」そのものを伝えきっていないような、そんな気がする。これでは韓国の観客はスタジアムには来ないだろう。地元なのに…。

野茂投手がドジャースに渡ってから、日本メディアもこぞってMLBを学習している。その歴史、このチームのドラマ性、各選手の紹介など…。日本の野球解説者もまた、勉強せざるを得なかったろう。野茂投手以前、日本のプロ野球界はMLBを神格化しすぎていたようにも思う。大リーグ入りした当時の野茂投手に対して元プロ野球投手でベテラン解説者が、「5勝したらオンの字ですよ!」と、高をくくっていたではないか。野茂投手がMLBと日本野球界の架け橋になったことは事実だろう。これは、野茂投手の隠れた功績だとボクは思っている。
その甲斐あってか、以後、日本人の多くがMLBに振り向いた。その仕上げは、イチロー選手と松井選手の大リーグ移籍だろう。この選手の活躍ぶりがベースボールの「楽しさ」の面積をますます拡大してくれた。

ところで、松井選手がアストロズのDHとして検討されているという。ホントかな? とは思う。単なる関係筋のリップサービスなのだろうが、それでも松井選手の存在はMLBでも一目置かれているということだ。もちろん、この業績は松井選手本人の努力の賜。

来期からAL西地区に移動するアストロズ。このチームがすぐに「優勝」を狙っているチームとは誰も思っていない。これからのチームだ。そのチームにもし松井選手が入団したとしたら…。おもしろくなる。
さてさて、まだまだ松井選手の来期は不明だが、大リーグに残るだろうことは予想がつく。どんな残り方になるのか、じっくりと待つことにします。


…NY152…
by mlb5533 | 2012-11-13 01:01 | 第十章