55番の「国民栄誉賞」

書こう書こうと思っていたのに…。
ずいぶん時間が経って「国民栄誉賞」の話題はもう古く感じますね。

とにかく、長嶋さんとふたり揃っての受賞、という事実がボクにはとっても嬉しく感じたものでした。
「師弟関係」の受賞です。

このブログを立ち上げるきっかけは、松井選手がニューヨークヤンキースにいくという記者会見を見たときでした。FA宣言をしたときに、「裏切り者と言われるかも知れませんが、いつか『松井、行ってよかったな』と言われるよう頑張りたい…」とコメントしていました。
巨人軍時代の松井選手にはさほどの関心はありませんでしたが、このコメントに松井秀喜選手をひとりの人間として親近感を覚えました。
その年の暮れ。松井選手の「ヤンキース入団」が発表になった。
「ヤンキースだって?!」
これがボクの反応でした。

野茂投手のあと、イチロー選手が渡米してよい成績を上げていましたが、まだまだ日本人選手が大リーガーで活躍出来るとは思っていなかった頃でした。野茂投手は望んでMLBに移籍したのではありませんでしたね。でも、ノーヒットノーランを2回も達成しましたし、奪三振でも記録を残してました。こんないい選手を放出する日本球界ってなにを考えているのか…と思ったものでした。その後、日本球界最高の「安打製造機」イチロー選手が、日本球界最高の4番打者・松井選手がMLBに移籍です。

イチロー選手がMLBに移籍してもボクは「あッ、そうなの」程度でした。
しかし、松井選手の移籍には驚きました。ヤンキースに移籍、とは。たまたまボクは仕事の関係で単身ニニューヨークにいたことがある。あの頃のヤンキースは優勝から離れた「冬の時代」でした。マッティングリー選手がいのまジーター選手のようにオナゴたちから騒がれていた頃です。ひとりで芝居やミュージカルを見てましたが、友だちが出来、その友だちがビレッジでヤンキースを熱く語ってくれました。スタジアムにも行きました…。

そんな想い出が松井選手の「ヤンキース移籍宣言」で蘇ってきました。「そうだ、ブログでも書くか…」って、そんな気持ちにさせてくれたのも、松井選手のおかげです。
ブログを書いていくと松井選手のことをボクはちっとも知らなかったことに気づかされました。なかでも、長嶋監督さんとの「師弟関係」です。長嶋監督は当時の巨人軍でなんとしても、ホームラン打者の育成が必要だ、と考えておられたようです。それに応える選手は「55番」しんいない、と。なので、監督さんは必死になって松井選手を育て上げた。将に手塩にかけて…。
a0094890_16115100.jpg

それに応えた松井選手もエライです。試合前後に移動先ホテルで、自宅で1000本素振りを毎日実行していたと聞きました。
…やがて02年、巨人在籍最後のシーズンでホームラン「50本」を記録するまでの最高の4番打者に育っていたのです。
a0094890_1615325.jpg


おそらく、ですが…。ボクはふたりの時間は「素振り」だけやっていた訳ではないと思います。
長嶋監督さんは「プロ意識」「巨人軍の4番とは」「記者さんとの対応」そして、巨人軍の伝統である「紳士でアレ」をいろいろと自分の体験も交えて、若き4番打者候補に伝えていたのではないでしょうか。
a0094890_1620447.jpg
そんなふたりは01年、長嶋さんは監督を勇退し、翌02年、松井選手もFA件を行使して太平洋を渡ってアメリカ・ニューヨークに移籍した…。

そんな時間を過ごした松井選手は長嶋イズムを聞き入れて、ますます「チームの勝利」を土台にする4番打者に成長していったと思うのです。そうでなければ、ヤンキースに移籍したとき、あれほど進塁打、犠牲フライ、犠打など日本の4番打者なのに「何でもやるプレーヤー」になっているわけがありません。ホームラン打者としてのみ価値がある選手だったら、バットをブンブン振り回していたはずです。個人技の魅力もさることながら、「チームの勝利」を最優先する考え方で彼はプレーし続けたとおうのです。この考え方は「恩師・長嶋茂雄」さんからの直伝だったとボクは思っています。プロ生活とは…、ファンあってのプロ…、そんな教えを松井選手は日本でも、MLBでも揺るがずにプレーしていたのでしょう。それが、アメリカでの私生活をも充実させたのでしょう。
松井選手はずいぶんアメリカで友だちをたくさん作ったようですね。いいことです。

あのデビュー。
a0094890_1619399.jpg

スゴかったですね、そう、ヤンキースタジアムでいきなり「満塁ホームラン」でしたから。
長嶋監督さんも大喜びでしたね。愛弟子がこれほどの快挙をやってのけたのですから…。

先日のインタビュー番組は見られませんでした。TBSさん、今までのインタビューをDVDにして販売しませんか? 「国民栄誉賞」という話題性もあるのでいいと思うけどなぁ。

まだ書きたいことはたくさんありますが、今日はここまで。



…NY152…
by mlb5533 | 2013-04-11 16:21 | 第二部