2014年の新トップバッター

今年のMLBはおもしろそうって予感がします。
マー君がMLBに移籍するからではないのです。彼がどの球団に行ってもその活躍ぶりは気になるでしょうが、日本人プレーヤーではなくて今季のFA組メンバーたちの動向です。

a0094890_433326.jpgボストンはいいチームであることは皆様同様認めていますが、ボクはやっぱりヤンキースファンだと自覚しています。で、2014年シーズン、つまり今年、ヤンキースは昨年のようなことにはならないと思えるからです。その理由はボストンの1番打者・エルズベリー選手がヤンキースに移籍したことです。7年間の大型契約です。誰の目にもわかるとおり、ジーター選手の後任のなる選手であるということです。
ボクは個人的には、エルズベリー選手を以前このブログで記事にしたように、ひそかに応援していました。ただし、ヤンキース戦だけは別。でも、彼はなぜか、ヤンキース戦になると張り切っちゃうので困りましたが…。かつてボストンからヤンキースに移籍したのがベーブルースでした。MLBってところは、ベーブルースでさえトレードに出すところ。選手の移動には、何が起きるかファンにはまったく予想できません。ボクは、まさか、エルズベリー選手をボストンが手放すとは思ってもいなかったですから。しかも、移籍先がボストンのライバルあるヤンキースとは…。ボクはうれしい限りです。これでまた、2003年同様に堂々と2014年開幕からヤンキースを追いかけることになりそうです…。

a0094890_4334951.jpgもうひとり、MLBの1番打者でボクの好きなタイプの選手がいます。
昨年までテキサスにいたキンズラー選手なのです。彼は今年の開幕はデトロイト・タイガースで迎えます。デトロイトの選手になりました。彼の出塁率(8シーズン平均 .349)からみて、チームの主砲・カブレラ選手の打点がアップするのは予想できます。このあたりが、今年のシーズン観戦でのボクの楽しみになります。デトロイトは今季もまた、本気で「10月決戦」を狙っているチーム。昨年あれだけ活躍したフィルダー選手と金銭トレードしている。確かにテキサスにしてみれば、昨年シーズンは打線の力不足で「10月決戦」を不意にしたことは明らかだ。今年こそテキサスは本気になって「10月決戦」を狙っている。
a0094890_4461261.jpg


日本では、松井秀喜氏の「ジャイアンツ打撃コーチ」の話題が賑わっている。
ヤンキースのコーチにしても、松井選手の今後もMLBの動向と同様に、気がかりですね。

…NY152…
by mlb5533 | 2014-01-02 04:31 | 第二部