スーパーマンの故郷 「カンザス」で活躍する選手とは?

a0094890_23382997.jpg

アメリカ合衆国のど真ん中に位置するカンザス州。そうです、「スーパーマン」の故郷です。スーパーマンが幼少期から青年期を過ごした「スモールビル」も、ここカンザス州にあるとされていましたね。
「カンザス」は、この地に先住したインディアン部族のカンサ族に由来し、州内を流れるカンザス川に名付けられていたものが州名になったと聞いたことがあります。

重化学工場というより、伝統的な農業生産の州。
広々としたトウモロコシ畑が連想される…映画・スーパーマンのトップシーンのように。映画の話になったので、ついでだから、書き込んでおきましょう。

カンザスは、「オズの魔法使い」で、主人公のドロシーの故郷として登場することでも知らていますね。また、昔からカンザス州はアメリカ人の間では、「田舎」「田舎者」の代名詞です。ですから、この作品でもドロシーがカンザス出身ということで馬鹿にされる場面がありました。また、スーパーマンでも、クラーク ケントがニューヨークの新聞社に入社した初日、田舎者として扱われている場面がおもしろく演出されていました。

まあ、要するにカンザスは、東部のニューヨークやボストン、西部のサンフランシスコ、ロサンゼルスなどと比較したらそれはそれは、「田舎」であることに違いありません。

「カンザスシティロイヤルズ」は、その州とミズリー州の境にあるカンザスシティがホームです。
その「田舎者」の集まりが、大リーグのアメリカンリーグ中地区にいます。ベースボールファンは知ってはいますが、ほとんどのファンは真剣にこのチームの勝敗を追いかけようとは思いません。
なぜか、って?

「弱い」からです。

「弱くて、田舎者チーム」と聞いたら、大概の人は相手にはしないでしょう。たとえ、マグレで優勝争いをしていたとしても、日本のテレビでの中継はご遠慮させていただいて、たとえ優勝の望みもなくなった人気チームの投手の姿を中継した方が視聴率は確保されるでしょうから、ね。

さて、そのチーム名は?
「カンザスシティロイヤルズ(Kansas City Royals)」と言います。
1969年(昭和44年)に創設された若々しいチームですから、知らなかったとしても、決して恥じることはありません。正直、MLB大ファンのボクでさえ、気にも掛けない「取り柄のないチームだし…」なんて印象しかなかった…。

日本選手の元ヤクルトのトップバッターで、安打製造機とまで言われた「青木 宣親選手」が、ナショナルリーグ中地区のウィスコンシン州ミルウォーキーの「ブルワーズ」に移籍したのは、2012年。この州も米国の北。五大湖の州なので、ビジネスなら別だが、あえて観光として訪れる人はおそらく少ないだろう。同じ北の、シカゴとは違って、まあ、ここもボクにとっては「都会のチーム」とは言いがたい…。

その青木選手が今季、さらに田舎のチームから「何が何でも絶対に欲しい選手」と白羽の矢が向けられて、「カンザスシティ ロイヤルズ」に移籍したのです。
「優勝を目指せるチーム」と、青木選手が明るい表情でコメントしていたのを覚えています。
彼は2003年のドラフトでヤクルトスワローズから4巡目指名を受け、入団しました。背番号は「23」でした。そしていま、カンザスシティ ロイヤルズの青木選手の背中には「23」が記されています。この背番号で、打つ、走る姿はとても眩しいほど、です。初心者のような純粋ささえ感じさせてくれるからです。

さて、なぜいまこんな「田舎のチーム」の話をしているのか…。
もちろん、それには訳があります。

じつは今日、青木選手のカンザスシティロイヤルズは、シカゴ・ホワイトソックスに3-1で勝って、29年ぶりのプレーオフ進出を決めたのです。青木選手の3塁打で先制点を叩き出しました。
ボクは、松井選手がいなくなって、ベースボールを若い日々のように、熱い想いで観戦出来なくなっていたのです。なにかこう…、言いようのない淋しさとでも言うか…。
a0094890_23423280.jpg

その中にいて、青木選手にはなにげに、関心がありました。
田舎チームばかりを歩く日本の選手、という印象がしているからです。その体質は、あきらかにボクとは正反対です…。
宮崎県日向市の出身の青木選手と、東京・渋谷出身のボク。
早稲田大学人間科学部スポーツ科学科に指定校推薦で進学した堅実で努力家の印象を受ける青木選手と、日本大学芸術学部の演劇と文学ばかりをしていたお調子者のボクの体質は、まったく正反対でしょう。だからこそ、なんとなく…気になっていた選手でした。日本のヤクルト選手時代での活躍ぶりに、「イチロー以来の選手」という報じ方にも、多少の関心があったことは事実です。

BS中継で、青木選手のチームを放映する日はじつに少ない。それほど彼と彼のチームは、日本人にしとっても、田舎者なのでしょう…。

でもね、皆さん。
カンザスシティロイヤルズが、ですよ。今季、「10月決戦」に進出する!
って事実を、誰が予言しましたか!
移籍した青木選手自身がコメントしていただけでしたよ、ねッ。スゴイです、青木選手は。

ボクは、ちと、今日は興奮気味です。ちょっとだけだけど、気になっていた選手、安打製造機の異名をいただく青木選手とそのチームが「10月決戦」に駒を進めたことに、です。

もしかしたら…
そうです、そうです。
スーパーマンがやってくるかもしれませんぞ!
a0094890_18191147.jpg


…NY152…
by mlb5533 | 2014-09-27 14:02 | 第二部