青木選手の土壇場根性!

昨日のこと。いやいや、一昨日になりました。
アスレチックスYSロイヤルズの地区シリーズ進出決定戦でした。ほとんどの人たちは、アスレチックスの優勢とみていたし、実は僕もそう思っていた…。

案の定、1回の攻撃からモス選手のあっさつりと2ランホーマーを打たれて先制を許してしまいました。しかし、その裏、ロイヤルズの2番・青木選手が相手チームのエラーから出塁、盗塁を決めます。バトラー選手がヒットして1点。
a0094890_75714.jpg

ホスマー選手が3回の打席でタイムリー、3-2と逆転。
a0094890_742368.jpg

しかし、その優越も6回まで。またしても、モス選手に3ランホーマーをを浴びて、
3-5
その後も打たれて、
3-7
と、大きくリードを許しました。

回は進んで8回。
アスレチックスの勝利はほぼ確定的です。
ところが、です。ここからがロイヤルズのお家芸が続出します、そうです、「盗塁」です。
ロイヤルズってチームは、日本の野球を見ているようです。とにかく塁をひとつ先まで、という走る選手がそろってます。ドカーンとホームラン、という長距離打者はいません。全員で、単打と盗塁、がお家芸ですから、ホームランになれた観客には、ちと、不満かもしれません。まあ、そんなチームカラーが一気に爆発して、
6-7
と、あと1点差まで追い上げたのです。

そして、ほんとうにすごかったのは、青木選手が代走のダイソン選手を3塁において、ライトにあわやホームランか、というものすごく深い犠牲フライを打ち込んだのです。これで、
7-7
ついに土壇場で追いつきました。
a0094890_731183.jpg


しかし、12回。アスレチックスのカヤスポ選手にタイムリーを打たれて、
7-8

ここまでか…と、4万人の観客たちは静まりかえってしまった…。
だが、コロン選手がタムリー。
8-8
の、同点にして、そのコロン選手がまたしもドン場で盗塁。
この日、まったくあたりのなかったペレス捕手がタイムリーヒット!
なんとまあ、
9-8
と、逆転の連続でロイヤルズが逃げ勝ちました。


とにかく、久々に興奮したゲームでした。

ただ、明日からのエンジェルス戦では、かなり叩かれるだろうと覚悟して試合を観戦します…。



…NY152…
by mlb5533 | 2014-10-03 07:06 | 第二部