ドン・マッティングリー監督のドジャース

a0094890_5123813.jpg



80年代頃、もしくはそれ以前からのヤンキースファンにとって、現在、大変に複雑な心境とお察し申し上げます…。

今季、新人たちの大活躍から開幕です!
MLBの時代が大きく、うねりをあげて変わっていく様子が日々伝わってきます。
「新人たちの時代」、それが今シーズンの「キーワード」になるとボクは予感してます。各チームでの選手たちの若返りです。この大きな波に乗り遅れたチームは、向こう5シーズン、いや10年間、ずいぶんさみしいチームになってしまうような気配さえ感じます。

それほど今季は、「新人たちの時代」です!

その時代の最中にいて…、
んーー、どうしましょう…マッティングリー監督が気がかりで仕方ないのですよ、ボクは。彼の契約は確か今季…来季限り…ではなかったでしょうか…。うろ覚えなので後から調べてはみますが、エンジェルスの監督さんみたいな10年間契約とかの長期契約ではないですし、ね…。それでも、選手たちのネームバリューから見た成績には、ちと、不満はありますが、マッティングリー監督は監督生活を続けていますね。

今季、ドジャースは開幕前から波乱含みでしたよね。
活躍を期待できる選手、有望視されている選手などをあっさりとトレードに出しています。ドジャースファンは、頭の中で「?マーク」が付きっぱなしではなかったか…と。実はボクだってそうです。例えば、なぜゴードン選手をマーリンズにトレードさせたのだろう…? とか。

でも、現実の試合を観戦しているうち次第にわかってきました。そうです、新人で1番もしくは2番を打てる選手がいました。その名は…プイーグ選手(#66)と、ビダーソン選手(#31)のふたりの新人選手です。ビダーソン選手は23歳の新人ですが、すでに、というべきでしょうか、なにげに19本のホームランを打ち込んでいます。一方、プイーグ選手は25歳、打撃は現在堂々の3割打者です。

SFジャイアンツの1,2番コンビが強烈なのでここまでチーム勝率を上げている、と分析しているアメリカのメディアはたくさんおります。しかし、最大のライバル、ドジャースの1,2番コンビも強烈なのです。むしろ、コツコツ型のジャイアンツに対して、1発攻勢で瞬時にして得点するという能力ははっきり言って、ドジャースのほうが上手です。

ヤンキースとレッドソックス…のカードはMLBファンの最大の楽しみ、という批評家もいますが、それは東地区で盛り上がります。ジャイアンツとドジャースの両チームのカードは西地区のビックカードなのです。今季は例年以上に、盛り上がりを見せています。

a0094890_5161739.jpg


マッティングリー監督の80年代の打撃フォームです…。
松井選手がNYYにいた頃の打撃コーチが、彼でしたね。

a0094890_4514078.jpg


…NY152…
by mlb5533 | 2015-06-21 05:17 | 第二部