WBC出場辞退の選択

WBC出場は?

各スポーツ紙でも、松井選手の動向を報じていた…

「松井どうする?米紙も決断関心」
f0012316_384646.jpg

 WBC出場への態度を保留するヤンキース松井について、米地元紙も決断に関心を寄せた。ニューヨーク・タイムズ電子版は10日、代理人のアーン・テレム氏に近況動向を取材。同氏は「おそらく(WBCで)プレーしたいと思っている」としたが、「ケガの心配や、果たして(大会から)戻ってヤンキースで162試合プレーできるかを言っていた」と迷う松井の胸の内を代弁した。


…と、した翌日にこの記事。

「ヤンキースGM、Aロッドの意向尊重」

a0094890_15205725.jpg


 地元紙にWBC出場辞退の意思を明かしたヤンキースのA・ロドリゲス三塁手が、キャッシュマンGMにも電話でWBC不参加の意向を伝えていたことが分かった。同GMは「昨日(15日)電話をもらった。僕にできるのは、この件について沈黙を守ることだけ」と話し、同選手の意向を尊重する姿勢を見せた。また、ポサダ捕手のプエルトリコ代表への不参加要請は認められたが、その他に誰の不参加を要請しているかについては明言を避けた。

…で、追い打ちをかけて…翌日の新聞には、

「A・ロッドがWBC不参加表明!松井秀の不参加も加速か」
f0012316_393070.jpg

ヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手(30)=写真=が、来年3月に開催される野球の国別対抗戦「ワールドベースボールクラシック」(WBC)への不参加を決意した。16日付の「ニューヨーク・ポスト」紙が報じた。同じヤ軍の松井秀喜外野手(31)の不参加も加速しそうだ。

米国とドミニカ、2つの“母国”の間で揺れ動いたロドリゲスが、来年3月のWBCへの不参加を表明した。

「家族とよく考えた末、出ないことを決めた。どちらで参加しても(選ばなかった国の)名を汚すという結論に達した。ヤンキースのためにプレーすることは、どちらの国に対しても誇れることだと思う」

今月上旬のウインターミーティングでは参加が発表され、国籍をもつ米国と両親の故郷であるドミニカのどちらで代表入りするか注目されていた。ニューヨークの地元ラジオ局のインタビューではドミニカ代表入りをほのめかしていたが、態度を一変させた。

ヤ軍ではホルヘ・ポサダ捕手(34)に続く出場辞退。ヤ軍から不参加を促す親書が届いたといわれるゴジラが、今月中にも下すとみられる最終決断にも影響は必至。WBC不参加の可能性が、さらに高まった。

a0094890_15265224.jpg

もともと、WBC出場にはヤンキースのシェフィールド選手も語っているとおり、「その開催動機が理解しにくいし、開催時期も問題で、実現しにくい」

プロ野球と、サッカーとは違う… サッカーのように各国とも選手のレベルが平均化していて、4年に1度の「ワールドシリーズ」を目指して戦う行程と、ベースボールの世界は違う。
仮に、WBCで優勝したからと言っても…どうだろうか?

松井選手のWBC出場は、ボクのようなヤンキースファンならずとも消極的なのではなかろうか…
松井選手は、今年1000万ドルプレーヤーの仲間入りした選手。ヤンキースの中軸を打つ選手だ。
162試合、立て続けに出場しなければならない。彼はまた、その連続出場記録を大切にしている。
その上、トレード拒否権を持っている。拒否権を持っているのは、投手ではムッシーナ、R.ジョンソン、リベラ。野手では、ジータにA.ロッド、ジョンビの計6人だ。全員、ヤンキースの看板選手である。松井選手は、来シーズンからこの仲間に加わったということなのだ。

a0094890_15263327.jpg

ポサーダ捕手でさえ、球団はトレード拒否権を与えていないのだ。シェフールド選手も、である。
と言うことは、松井選手にとってのヤンキースは、今までとは立場が違う。
今までは、ニッポンから来た「助っ人サン」だった。まあ、言葉は悪いが大リーグに「稼ぎに来た選手」という立場だった。
しかし、もう違う。彼は、名実ともに押しも押されぬ「ヤンキースの顔」になったのである。
当然、松井選手は今までのシーズン以上に「主軸の責任」を感じているはずだ。

ヤンキースは、日本リーグ制する巨人軍、とは、そのスケールは違いすぎる。
ワールドシリーズ制覇が、「義務」になっているチームだ。162試合の他に、10月決戦まで駒を進めて、さらにワールドシリーズで4勝しなければならない。

その体力管理は、我々の想像を超えている。
WBC出場は、3月…。だから、出られない。というのが、本音だろう。

a0094890_15225131.jpgそして、松井選手がWBC出場をしなくても、彼を理解している人ならば誰ひとり否定も批判もしないだろう。むしろ、WBC出場辞退、の選択をして欲しい…

そして、来シーズンこそ、冗談抜きで「ワールドシリーズ制覇」を果たしてほしいものだ。
ヤンキースのために全力をふるってプレーすることは、それ自体、彼のためであり、ニッポンの誇りでもある。
すでに5年間、遠ざっかてしまった「チャンピオンフラッグ」を取り戻してきて欲しい…。

(掲載の写真はYahoo!sportsサイトより)
…NY152…
by mlb5533 | 2005-12-19 03:15 | 第一章