熱情的な真冬の静けさ…

年が明けたというのに、この鉛筆がなかなか動こうとしない…。
使い続けている4Bの鉛筆は、筆箱に並んだまま昨年の埃をかぶったままです。

動かない鉛筆。飾り物にしては、あまりにも汚れています。
書くことがない、書く話題が見つからない…。
そうです、松井秀喜選手のことです。

年末年始の恒例になっていたテレビ座談会のような番組にも、松井選手は今年、その姿を出すこともなかった。せいぜいテレビでの放映特番は、決まって「あの出来事」ばかりでした。見ているボクはもう、食傷気味。ボクがそうなら、多くの人たちも「他になにかないものか…」と、あきれていたに違いないと思います。

昨年十月を過ぎてたら、ほんとに、松井選手の話題がピタリとやんでしまった。松井選手の話題や情報が消えてしまっては、なにひとつボクは書けないではありませんか…。
どうしちゃったんだろう…松井選手は。
a0094890_1541045.gif

銀座いとう屋のカレンダーも「2007年版松井選手」の発売も中止してしまった。「イチロー選手のカレンダーなら、あります」とのことだ。04,05,06年と三年間続いた彼のカレンダーが今年は止まってしまった。もっとも、ヤンキースの公式カレンダーにはもちろん掲載されてはいますが。
その上、不思議なことに毎年あれだけ松井選手を追いかけていた日本メディアも彼の取材結果を報じていない。相変わらず、松坂投手や桑田投手たちのニュースは連日のように報道しているというのに。

開幕まで、70日を切ったというのに。2月に入れば、もうキャンプだろうに…。
なぜだろうか…メディアが松井選手を報じないのは。
日本のメディアは今季に賭ける松井選手を取材してくれないつもりなのか…。

と、ほとほと寂しい思いが続いていたのですが、最近になってボクはこんなことを想像し始めています。メディアに登場しないのは、メディアのせいではなくて、ほんとうは松井選手自身が辞退しているのではないか…と思い始めたのです。


松井秀喜選手という「選手」ではなく、ひとりの「人間」として見てみると、こう思わざるを得ないのです。
大リーガー、それもヤンキースのレギュラーで、スター選手…として見ると、去年の話題は「あの出来事」以外の関心が起きてきません。シーズンを棒に振りそうだったけれども、劇的な復活を成し遂げた…云々、といった調子です。その上、チームは10月決戦で敗退。いいところなし。「選手、松井秀喜」として眺めてみると、まことに否定的な話題ばかりでした。

しかし、こんな見方も出来ます…。
「人間、松井秀喜」という視点です。

もちろんボクは一度も松井選手に会ったことはないけれど、あの出来事の直後の記者会見での彼のコメントにしても、松井選手から「自己責任」を感じるのです。
これは彼の人柄ではないでしょうか。
で、日本のメディアがお好みの「美談」もけっこう松井選手は持っているということですが、それもあえてお涙頂戴的な扱いを彼自身が避けているようにも感じます。


そこでボクの想像です。
きっと松井選手は…
『私は昨季、さほどチームに貢献出来なかった。球団側はあれほど自分を認めてくれた契約をしてくれたにもかかわらず、それに報いることをしていない。胸を張れるような記録を残せなかった自分が、ファンの前に立つことはできない』
と、「自己責任」の会話を自分にとっているのではないだろうか…と。
a0094890_15413511.gif

そこで今季ですが、松井選手の心境を察してみることにしましょう。ボク流に…ですが。

2007年、ヤンキース入団5シーズン目を迎えます。松井選手がヤンキースに加入してから、まだ一度もワールドシリーズを制覇することがありません。もし、今季もヤンキースが「環光」を見ることがなかったとしたら、誇り高いチームが7年間も「光」を失うことになります…。7シーズンも、です。
これは許されません。

松井選手はきっと、初心に返って練習を積んでいると思います。
『裏切り者呼ばわりされても、なんのためにボクは太平洋を渡ったのか』…。それを確かめるように、きっと松井選手は真冬の日本のどこかで、それとも白いマンハッタンのどこかで、白球を相手に汗を流していることでしょう。
バットと球の衝突音がオベリスク・マンハッタンに響き渡る…
白い世界を白球が切り裂く…
制止した白の世界に透明な高熱が光る…
松井選手のバットだけが叫んで、静かな世界を創っている…
…そんな音たちがボクの耳に届いてくる。彼の真っ白なCommitment。

おそらく、今季の松井選手の姿はいままでの4シーズンでは見られなかったほどの並々ならぬ「闘争心」と「チームの為」の超人的プレーをボクに見せつけてくるのではなかろうか、そう思われて仕方がないのです。そのためのトレーニングを、どこかで、人目に触れず、こつこつと、じっと春を待つ緑草のように…蓄えているのではないかと思うのです。

もしかしたら、打撃フォームすら変えてくるかもしれない。
もしかしたら、本気で本塁打をねらってくるかもしれない。
もしかしたら、場合によっては、バンドだってしちゃうかもしれない。
もしかしたら、ボクが見たことのない「松井秀喜選手」を見せつけてくるかもしれない。
初心のあの「夢」のために…。

ボクにとっては、「松井選手」の話題がどこにも見あたらないこの静かな、静かな現在の大リーグ情報なのですが、この静けさがボクの「夢」に激しく火をつけてくるのです。
松井選手はいま、なにしているんだろうか…って。

なにをしているか…って?
きっと今日もまた、彼は今季プレーする為の体造りをしていることでしょう。こつこつ、と。春雷のように静かに、冬の日射しのように熱情的に。

そう、
初心のあの「夢」のために…
です。
a0094890_15415136.gif

…NY152…
by mlb5533 | 2007-01-26 03:29 | 第三章