IN GOD WE TRUST

みなさん、神様の存在を信じますか?

なに、なになにぃ? のっけから、宗教のお話かよぉ~~
と、早とちりしてマウスを動かさないでください!

ホラ、野球中継しているアナウンサーが時々、
「勝利の女神は…でしょうか」とか、言うじゃない。この時の、女神って、なんでしょうねぇ。
まさか「自由の女神」を指して言ってるんではないでしょう?

あなたは、「勝利の女神」の存在をその目で見たことがありますか?
勝利の女神がいるか、いないか…の立証はどちらも出来ません。神様がいるか、いないか…立証はどちらも出来ません。

いるのか、いないのか…ではなくて、その「存在」を、「信じるか、否か」です。
いま、ボクの手元にはないけれど、米ドル札には、「IN GOD WE TRUST」って書いてあったと思うけど…。「ボクたちは神の存在を信じる」と。この言葉が印刷されたお札を、米国人たちは誰ひとりとして文句を言っていません。この言葉が印刷したお札を、米国人は100年以上も、日常使ってきました。

なんだよぉ、野球と宗教の話なんて関係ねぇじゃねぇか、よぉ~、とのお言葉が聞こえてきますが、
まあ、聞いてくださいませ。

日本の古くからある言葉に、
「困ったときの神頼み」って、あるでしょ。
自分が困ったときだけ、人生で危ういと感じたときだけ、仏にすがる人…の、ことです。
日本の神様はいたって寛大です。まあ、そんなおすがりをしただけでも、しないよりは心が穏やかになるのなら、それでいいだろう、と。素適なことです…

ベースボールの選手たちの中にも、それぞれが信仰を持った選手もいます。自分が善いプレーが出来たとき、天に向かってキスを送る選手…或いは、ズバリ自分の胸に十字架をきる選手…様々な形で、自分の素晴らしいプレーを「神様」に自分の方法(失礼! 宗派の作法、と書くべきか?)で報告していますね。
a0094890_17162241.gif

はじめてヤンキースタジアムに行って、生の試合を見たときです。
「アッ 神様にお祈りしてる…」「十字架きってるぅ!」
こんな光景は今では見慣れましたが、あの時のボクは野球のグランドで初めて見たから、大変な衝撃でした。大リーグの選手たちが、こんなことを平気でするんだぁ…、と。
若かったボクにとっては試合以上に大変印象に残った出来事でした…。

日本ではミッション系高校野球選手以外には滅多にありませんが…いずれにしても、ボクは、こうした選手に対して思わず、理屈抜きに「素適な人たちだなあ」って思っちゃうのです。
自分のお手柄は自分がやったんだぁ!自分が出来たんだぁ! と、自慢げに叫ぶ前に、あたかも「神様が自分にそれをさせてくれたんだ。ありがとう、神様」と、言わんばかりの表情です。
その謙虚さと、潔さにボクは人が神様への恐怖感や下僕になった姿ではなくて、逆に人間の生きる命、そのものを感じます。

日本の野球界に比べて、ボクが大リーグを好きなのは、そんな「人間臭さ」をたくさん感じる場面が多いからです。生きている責任感、とでも言うか…。みんながここに集まって、「これ」をする人間的なよろこび、とでもいうか、そんな人たちの息吹と輝きをスタジアムでは感じるのですよ。

選手の美しいプレーに手をたたいて起こる拍手のこだま。
風を切る瞬間に出る甲高い衝撃音の尾を引く響き。
大地を駆け抜ける走る風の音。
白球がスタンドに消えたときに巻き起こる呻るような歓声と地響きの音…。
投げる、走る、獲る…すべての音たちは、神様から生きている人たちへの贈り物なのか、と感謝したくなるときだってボクには、あるんです。

で、ボクなんですが、ね。
ボクは「野球の神様」の存在を信じています。絶対に、いる、って!

でね。
この神様は、一生懸命プレーしている選手たちに「光」を与えてくれます。
過去どんなことをしてきたか…なんて、そんな古いことは見ていません。
「いま、君は生きている自分の全部を使ってプレーしているか」を見守っていてくれるのが、
「野球の神様」なんです!

この神様は、人のおごりを嫌います。この神様は、人の怠けを許しません。この神様は、みんなのことを考えて行動している選手に「光」を与えます。自分中心の選手を、嫌います。

アッ、笑ったでしょ! ホント、だよ。
ウソだと思うなら、グランドに行ってごらんなさいな。そして、耳を澄まして音を聞いてごらんなさい、目を見張って見てごらんなさい。グランドでプレーしている選手たちの姿を。
ここのいるすべての選手たちは、米国を代表する「神様に祝福」を受けた選手たちなのですから。
誰ひとりとして、怠慢なプレーや自己中心的プレーなんてしている選手はいないのです。

「いま、出来ることを精一杯プレーする」
と、野球の神様に誓った男たちが、いま、最後の戦いをしようとしています!

是非是非、見てあげてくださいませ。神に祝福された男たちのドラマを!
果たして、どっちに「光」を与えてくださるのか…
a0094890_17155268.gif

…NY152…
by mlb5533 | 2006-10-08 00:52 | 第一章