一番輝いた選手 …カノー君への応援歌…

a0094890_10311855.gif
CLE0-NYY0の投手戦が展開して、一息入れる間もなかった…。
その6回裏、だった…

1ダン、ランナーなし。打席に立ったのは、
背番号22「カノー君」だ!
ボクたちサラリーマンのアイドルであり、ちびっ子たちには大人気、批評家には「ヒドすぎる」を連発されている…ボクらのカノー君が出ました、出て来ましたよ。

ドジでオッチョコチョイ。ボクにそっくり…。
ここ一番! 抜かるな!!って、ときに限って、ポカしちゃうひときわ目立つスター選手であります。目立つ、と言う観点ではA・ロッド選手やジータ選手も顔負けなのであります。

昨年、地味にデビューしました。ホントは、まだ新人君なのです。
…が、カノー君のプレーはとにかく目立つのですよ。
例を挙げたらキリがありません。例えば、ですよ。ボストン戦で2ダン2塁。2点のビハインド。
ここは初球打ちかぁ~~? と、どんなに批評家たちから嘆きの声があがっても、「いい球だったし…」とコメントしちゃう正直な選手なのです。
せっかく、かっこいい2塁打を打ったのに、ノコノコ飛び出して…。
2塁で、ですよ、2塁にいて、牽制球でアウツ!
「まったくぅ~~」
と、ベンチの先輩たちからブーイング。松井選手は「バッカ~~」と日本語で叫んだ姿がテレビにうつ映っちゃったし…。

なのに、カノー君はみんなのお友達です。
地味だけど、目立つ特殊な才能をトーリ監督が見過ごすわけがありません。
今季はなんとまあ、打率.322。オールスター出場だって噂されているほどに成長しました!

そのカノー君が、0-0の接戦中に一振りした打球は、右翼スタンドに飛んでいったのです。
4号ソロホームラン!

カノー君、うれしそうですよ。それを見ていた人たちも、うれしそうです!
なぜこんな素晴らしい試合をNHKは中継してくださらないのでしょうか、ねぇ。

投げては、ヤンキースの若獅子・王建民投手が8回途中まで、打たせて取る得意のピッチングを継続すれば、9回には我々の「神様」リベラ投手が堂々の貫禄で、2奪三振の投球で相手の勢いをピシャリと押さえ込みました。

4連敗のあとのドラマは、凄すぎる。美しすぎました…。
これで、王建民投手は7勝目。

でも、この試合の主役は、やっぱりボクらの「カノー君」でした!!

明日は、みんな、わかってるね。いまひとつ調子に乗れない大御所ジョンソン投手。
なんとしても、きっかけを掴んで欲しい。例の「噛んだガム」をグローブに置くクセを長く長く試合最後まで…していて欲しいですよ、ね。

a0094890_10314196.gif
そして、そして明後日は…
「美学の投手」と言えば、そうです、そうです。
ボクの尊敬しているムッシーナ投手が先発です。くれぐれも、彼の美意識を損ねることがないように、気を遣ってムッシーナ投手の応援に励みましょう。

で、カノー君。
明日からは、大先輩の「鉄腕様」と「美学の人」なのだから、くれぐれもがさつなプレーにならないように…。君には無理かもしれないけど、約束しよう、いいね!

でもでも、カノー君。今日の君って、評論家達がなんと言おうとも、輝いていたって感じたよ、ボク。
ありがとう、カノー君。
じゃあ、また明日、MLBサイトであおう!

(コラージュは筆者の創作作品)
…NY152…
by mlb5533 | 2006-06-14 19:11 | 第三章