拝啓 松井秀喜選手様  …復活宣言…

a0094890_1059589.jpg

松井選手。その後、お体の調子はいかがでしょうか? 

回復に向かわれていると聞きましたが、くれぐれも無理をなされませんように…




…貴君はどんな環境にあってもボクと分かち合ったあの「夢」を追い続けてください。

確か、今年の開幕直前にボクは貴君にこのような手紙を書き綴ったものでした…
「どんな環境にあっても」とは書きましたが、まさかあのような大怪我をされるなんて思ってもいませんでした。貴君はいつもいつもスタジアムで活躍していることがなんの疑いもなく、その姿をボクには「当たり前」に映っていたからです。連続試合出場の記録は、ボクにとっては「当たり前」に映っていたのです… 今になって顧みれば、この記録がどれほど凄まじいものだったか、ボクは貴君のあの怪我で思い知らされました。

松井秀喜選手は常にグランドにいる…ということ自体の素晴らしさを、ボクは見落としていました。
まだ貴君が日本でプレーしていたとき、テレビをオンすれば貴君の活躍を常に見られたし、同様に、ピンストライプのユニフォームになっても、BSチャンネルにあわせれば貴君の姿がありました。
覚えておられるでしょうか? 2003年、貴君がヤンキースの一員になった年のこと。その最終戦でウォレス投手が200勝を達成しましたよね。あの試合だけ、300勝投手のクレメンスが監督代行をしましたね。その試合をボクは見たくて、太平洋を越えてヤンキースタジアムに行きました。
当然、松井選手はフル出場するもの、と思い込んでいたからです。
実際はDHになって、1打席だけでしたが、それでも貴君はきっちりとセンター前にヒットしてくれたものでした…ボクがはじめてこの目で見た、「ヤンキース松井選手の生ヒット」という訳です。まあ、あのときはすでにワールドシリーズ進出が決定していたので、最終戦のヤンキースタジアムは、お世辞にも満席とは言えませんでしたが…。
でも、ボクにはいまでもこの日のヒットの快音と貴君の姿が離れません。

ボクにとって松井選手は、ある意味で、空気のような存在です。在って当たり前と感じないほど、当たり前にテレビの映像に映し出され、スタジアムに行けば当たり前にグランドでプレーしている…それが、ボクの松井秀喜選手でした。

ですから、あのシーンはボクにとって「まさか」、でした。
深夜のスポーツニュースで映し出された貴君の痛みをこらえている顔の表情と、トレーナーたちに付き添われてグランドを降りていく姿を見たとき、「あの夢」が音を立てて崩れていくような、とてもとても惨めな感じになってしまったのです。
トーリ監督のコメントやジータ選手、バーニー選手たちの貴君へのあたたかいコメントも読みましたが、ボクにはそんな言葉さえ聞こえなくなるほど、惨めでした。

しかし…

その後の貴君の回復ぶりと、決意を読んだりしていると、あれ以来隠れてしまった自分自身がなんだか恥ずかしくなってきました。
「松井選手自身ががんばってるのに、なにしてんの?」って、感じです。
ボクは一介のヤンキースファンだし、松井選手の応援好き、にすぎません。
「あのこと」で、一番辛かったのは、松井選手なのに。一介のファンでしかない自分がこんなショボクレ態度でいいのか、と。
ヤンキースが消えちゃったわけでもないし、松井選手が野球をやめる訳でもないのに…。


活躍中のヤンキースの若獅子カブレラ選手
a0094890_1101972.jpg


…貴君はどんな環境にあってもボクと分かち合ったあの「夢」を追い続けてください。

この言葉は、実はボク自身に言えることなんだ、と気づきました。
自分の「夢」に押しつぶされていく人たちは、たくさんいます。妥協した人生になってしまったり、あるいは、若き頃の人生の夢をあきらめてその日その日を生きてしまっている人たち…。



でも、松井選手はあれだけの大怪我をしているのに、
「7月復帰をめざして!」
なんて、無鉄砲なコメントをするほど、「夢」を追いかけている。決して自分の「夢」をあきらめない。

ボクは弱虫でした。

なので、この弱虫君とは、本日をもって、さよなら、することにしました。

ボクはここで松井秀喜選手に宣言します!
「私も、夢を実現する!」
と。自分の仕事にも、そして自分の人生そのものに…。

17連戦が続くヤンキースですが、目下5連勝中です。
AL中地区の首位デトロイトを相手に派手な3連勝をしています。昨日は、ムッシーナ投手が完封するか、というほどの好投でした。一昨日は、リベラ投手がシーズンでは10年ぶりになるそうですが、3イニングも投げて、11回にジョンビ選手の本塁打などで一気に5得点と、派手な試合が続いていますよ。

3イニングを投げきったリベラ投手
a0094890_1103584.jpg

今日から、月が変わって、6月。
ヤンキースカレンダーの6月担当の選手は、A・ロッド選手です。
日本時間の6日から、ヤンキースタジアムでボストンとの4連戦。この試合は、久々にBS中継される予定なので、ボクは大いに楽しみです。



さあ、このブログ、復活です!


追伸:αーどさん、「ありがとうございます」。
今後もまた、ご一緒にみんなで松井選手とヤンキースを応援していきましょう、ね。

(写真はYahoo!sportsサイトより)
…NY152…
by mlb5533 | 2006-06-02 03:08 | 第三章