井川投手の「魔球」はこれだ!

ヤンキースの井川慶投手が26日(日本時間同27日未明)、米フロリダ州タンパでのフィリーズ戦に先発した。

試合結果は
NYY 5-1 PHI
井川は5回を投げ3安打4三振2四球1失点で勝ち投手となった。これでオープン戦2勝目になった。

ねぇ、皆さん…井川投手と、あの名投手・野茂英雄投手とどこか感じ似てません?
ボクはこのふたり、イメージがダブるんですよねぇ…。なんと言っても、ふたりの共通性は、上に何かがつくほどの「まじめ選手」ですね。

ヤクルトに戻った石井一投手や、東京Gの上原投手たちの印象とはまったく違って映ります。
同じ投手なのに。派手さのないプロ…っていう印象がボクの好みなのかもしれない。

井川投手をBS1の「スポーツ大陸」で紹介していました。もちろん、ボクは釘付け。なにせ、ほらボクは阪神タイガースのことはまったく知らないので。彼を知るいい機会でした。見終わったとき、すっかりボクは井川投手の大々ファンになっちゃった!

なるほど、豪腕だったけれど制球力がなかったようですね。これでは勝てない。四球の連発でしたね、デビュー戦では…。
当時のピッチングコーチ・八木沢さんが「足を地上から上げるな!」と指導したと言うことです。
a0094890_13572557.jpg
この写真の示すとおり、なるほど井川投手の左足は地面についたままだわッ。このフォームでストレートを投げ込む投球をマスターしてから、井川投手の「制球力はグンとアップした」と、当時の矢野捕手は振り返っていました。

そしてそして、ボクだってちょっとばかり聞きかじりだけど…「井川の魔球・チェンジアップ」です。
ボクはこの魔球は井川投手が高校時代から投げていた球だとばかり思っていました。
しかし、違ってましたね。
「簡単にストライクが取れる球」をほしくて、仲間に教えてもらったということです。
その握りは、この写真です。
a0094890_1358358.jpg

親指と人差し指は球のハラに添えあて、中指と薬指、小指の3本の指を使って外に回転させるように投げると、あの「井川の魔球」が打者に向かってくるのです。
今日の試合はご本人がメデイアにコメントしていたように、「たくさん変化球を投げさせてもらった」そうです。

テレビのインタビューで井川投手は繰り返し、言っていました。
「すべては、勝つためですから…」と。

若者なら、六本木や銀座にでも行きたいだろう…。有名人になれば、少々浮かれてもしかたない。
なのに、この井川投手は今年の正月もそうだったけれど、ふるさとの浜辺で体操してる。
「体を鍛えるために。…勝つために」

ボク、こういう投手が好きですよ。寿命が長い投手でいて欲しいです。
松井選手もそうだし、この井川投手もそうだけれど、毎年自分の成績を上げている。
これって、スゴクない?
日頃の精進の賜物なのでしょう。井川投手はどこか都会的な感じが少ないけど、ヤンキースという世界一の檜舞台を得た以上、いつの日かあの野茂投手のように「ノーヒットノーランを達成」してみてください… きっと、井川投手なら出来る!
… きっと、野茂投手の跡を継ぐのはキミ、井川投手!

「夢」をありがとう、井川慶投手。

ところでこの3人、並んで走ってるけど…競争してるのかなぁ。なんか、おかしくない?
a0094890_13564345.jpg


人気blogランキングへ!
クリックね。ありがとう!


…NY152…
by mlb5533 | 2007-03-27 13:58 | 第三章