本日もまた A・ロッド選手の日

脚本のないドラマ…それはベースボール、とはよくぞ言ってくれました。
今日の試合はまさに、それ、でした。

誰ひとりとして、こんなドラマが待っているなんて予想さえ出来ません。
9回裏 CLE6-2NYY とスコアボードに記録されています。
トップバッターのカノー選手がセカンド後方のフライを揚げて1死、続くカブレラ選手は遊撃ゴロになって2死…。NYYの敗北は99.9%を指し示しています。
さあ、みんな今日は帰ろうよ…明日からボストンだし、さ。クリーブランドが3連敗するわけないし、ねぇ。

…フェルプス選手が打席に入っても、誰も拍手なんてしない。最後の打者を見たくないのは、ファン心理。
「カッキーーーン!」
あらッ…ウソ! うそ うそでしょうよ…センターに深々とホームランしちゃったぁ。

と、言ってももう9回2死の場面。相手投手は「別にぃ~~」って、まるでなにも感じていない様子。
CLE6-3NYY

続くポサーダ選手がピッチャーの頭のすぐ上を抜いてセンター前へヒット。
打順は1番デーモン選手に戻って、四球で、一,二塁。でも、2死です。ここで登場したのがNYY貴公子・ジーター選手。左前へタイムリーヒット。
CLE6-4NYY

アブレイユ選手がヒットして、
CLE6-5NYY

塁上にはジーター選手、アブレイユ選手がいます。
ここであのA・ロッド選手が登場です。1ボールから2球目の低めの球を叩くと、左中席に飛び込む逆転サヨナラ3ラン! これで3試合連続の10号本塁打。ハイペースの量産です。

結局、試合結果は
CLE6-8NYY
a0094890_17474429.jpg

見終わって、ボクはヘトヘトに疲れました。早めに点取ってよ…ね。こんなドラマが待っているとは。
次第に、次第に、四月半ばからニューヨークの温度は熱くなってきましたよ。

まるでお祭りみたいに、温度を上げているのは、A・ロッド選手!
トーリ監督もよっぽど感激したのか、ダイヤモンドを一周して戻ってきたA・ロッド選手をしっかりと抱きかかえていました。隣にいたジョンビ選手の顔も紅潮しています。ベンチにいた選手全員、総出でA・ロッド選手のお出迎え。新入生のライト投手君も、なんとまあ大先輩のA・ロッド選手様に対して、ハイタッチする馴れ馴れしさでございました。

A・ロッド選手。昨年末は、聞きたくないことを散々聞かされたと思いますが、なんだか今季のA・ロッド選手は別人のようです。「のびのび野球」を存分に楽しんでいるように見えます。飛び跳ねるし、滑り込むし、オーバーアクションの連続だし…。こっちもつられちゃいます、A・ロッド選手のペースに。
A・ロッド選手、このペースを10月まで…と期待しています。
今日もA・ロッド選手様には感謝でいっぱいです。太平洋の反対側から、A・ロッド選手様にボクは大拍手を贈ります。
「ありがとう A・ロッド選手」

こんな試合こそ、我がヤンキースなのです。人気が出るわけ、よ、…ね。
a0094890_1743159.jpg


人気blogランキングへ!
クリックね。ありがとう!
(写真素材はYahoo!sportsより コラージュは筆者)

…NY152…
by mlb5533 | 2007-04-20 17:43 | 第四章