先発メンバー全員安打&打点&得点の珍記録

まずは、下のスコアシートをご覧いただきましょう…。
a0094890_10592217.jpg
a0094890_10593380.jpg

お気づきになりましたでしょうか?
ボクも朝起きてから、このサイトを見て知ったのですが、NYYの打撃力が大爆発して大量点でTBに勝ちました…というニュースよりも、このシートを見たら、「なんだこれ!?★×◎♪∞????」って、混乱状態なりました。なので、一旦PCから離れて、洗顔し直し。コーヒーが切れていたから、紅茶を氷で冷やして…。再度、PCの前へ。そして、再度ボックススコアを再点検です。

間違えありませんね。
要するに、先発メンバー全員安打です。それは、まあよくあることですよね。
続いて、RBIつまり打点を見ると、これまた全員打点、です。全員打点! ですよ。
更に、Rつまり得点(生還)を見てみたら、これまた全員得点!! です。

2007年7月22日、ヤンキースは先発メンバー全員安打、全員打点、全員得点という珍記録をヤンキースタジアムで作ったのであります、ハイ!
打ちに打ったり、25安打… 先発メンバーと交代選手の全打数は48ですから、今日の試合のチーム打率は、.521 ! スゴすぎでしたねぇ。

NYY 21-4 TB こんなに大量点とは。

TBとのこの4連戦。ふり返ってみると、NYY 4-14 TB、満塁ホームランを打たれるわで、散々でしたが、後の3試合はそのウップン晴らしみたいで、3試合の得点合計は43点! 
19日の試合がウソのようです。

さて、松井秀喜選手。
ヤッちゃっいましたねぇ…。余裕、さえ感じます、ハイ!
3試合連続となる17号ソロホームランです。ここ17試合で9本のホームランです。いいです、いいです、最高でございます! 

このホームランから今日の試合の珍事は始まったのですが、松井選手個人も今日はみんなと同様、スタジアムを駆けめぐっていたようです。
6打数5安打2打点の大活躍です。内容は右本塁打、三ゴロ、中前適時打、中前打、右前打、右前打で、お陰様をもちまして打率は2割9分1厘に急上昇させていただきました。
「絶好調?」との記者の質問に対して、松井選手は「絶好調って何だろう。中畑さんに聞いてみないとね」などと、ご冗談までお飛ばしになられましたそうで…。
まさしく、絶好調松井秀喜選手・夏の陣到来です。いやいや、松井選手ばかりではありませんぞ。我がヤンキースの選手たち、こぞって絶好調。この「ゲンキ波」が大変遅れましたが、ボストンとのゲーム差をどんどん縮めてくれるはずです。
a0094890_1383951.jpg


人気blogランキングへ!
クリックね。ありがとう!

…NY152…
by mlb5533 | 2007-07-23 11:01 | 第四章