ふたりの復活!

7連勝です!

今日の勝利のヒーローは、この人ムッシーナ投手です!
心配させてくれました、ハイ。一時は先発ローテーションからはずされる、なんておっかない噂を聞いていましたから…。個人的には、ボク、ヤンキースの中でこの投手を一番応援してきました。ヤンキースタジアムに行ったとき、真っ先にサインしてもらったのが、このムッシーナ投手でした。
そのサイン入り写真はいまでもボクのアパートの壁に飾ってあります。

とにかく、6回途中まで失点0、でした。
その後ラミネス投手、チェンバレン投手、リベラ投手と継投して、結果は

NYY 4-1 TOR

です。これで7連勝。ワイルドカードの数字も減って、あと13になりました。
17試合が残っているのに、あと13の勝利、ではまだまだ数字上でも安心は出来ません。

ただ、もうひとつ朗報があります。

ムッシーナ投手がようやく9勝目をあげましたが、気になっている選手はこの人、そう松井秀喜選手です。
今日はどうかな…、とやきもきしながら結果待ちでした。
すると、本日の試合でNYYが記録した安打数は、わずか4本。少ないチャンスを生かしたという試合内容です。その少ない安打数の中で、松井選手が1回に2塁打を打っての先制点でした。
さらに、注意して読んでみると、打球は「左翼」へ飛んでいるではありませんか!
おや! アラッ! 復活のエチュード♪ に、決まってる!

待ってました、この記録を。読みたかった、この報告を…。
a0094890_175007.jpg

もお~~~、ずっとずっと…ここ数試合、この安打が松井選手から出るのをボクは一日千秋の想いで待ち続けていました。いやいや、全世界の松井選手応援団全員がこのヒットを待っていたのでございます。
いや~~~、長かった…。ようやく、…ですね。

ムッシーナ投手がとうやく勝利投手になったのはうれしいですが、もっともっとうれしいのは松井選手が「左に打った!」ことです。このふたりの復活は、この時期に来てとってもありがたいことです。
トーリ監督が試合前、記者たちに松井選手ついてこんなコメントをしています。
「チャンスでは信じている。打撃は1打席、いや1球で変わる。あいつは大丈夫だ」と。

明日以後の松井選手が俄然おもしろなってきました。
さあ来い! ボストン!

ヤンキースの凄腕バッターが君たちを追いつめていくだろうから…。
松井選手に気をつけなさい! そのとき彼は絶好調になっているはずだから。

人気blogランキングへ!
クリックして欲しいなッ。ありがとう!

…NY152…
by mlb5533 | 2007-09-13 17:43 | 第四章