初夢…

ボクの夢は変わらない。松井選手の属するチームが10月に「優勝」していることです…。
2003年から変わらないボクの夢です。

なぜこれほど松井選手にこだわるのか、自分でも不思議です。野茂投手以来、日本から多くの野球選手が太平洋を越えて大リーグに参加してきました。そして、今季もまた日本球界から多くの選手が大リーグで各人の「夢」を賭けて挑戦します。うまくいっている選手もいれば、なかなか調子の上がらない選手もいます。いつの間にか、日本に戻ってきた選手もいます。
野茂投手の活躍がなかったら…彼の活躍が大リーグ関係者の目を日本球界に向けさせました。
その後、イチロー選手、松井選手が「夢」を抱いて海を越え、挑戦しています。
でも、この3人に共通して言えることは、3人とも「夢」を叶えないままでいることです。

3人は日本プロ野球の人気者でした。特別な存在でした。彼等3人が大リーグに移籍することで、ファンもまた大リーグに「移動」しました。彼等の活躍をファンたちはそれぞれの「夢」を抱いて声援を続けているようです…。

この3人に声援を送るファンは多数でした。だらか、彼等は特別な存在なのです。ファンの中には日本球界のチームを応援することよりも、彼等の属している大リーグのみを応援するファンも出ているほどです。その意味から彼等は日本にいる野球ファンの「目」を変貌させたパイオニアです。

そして、ボクもそのひとり。
小学生の頃から巨人しか知らない少年でした。後楽園球場に行かせてもらうことが子供の頃、ボクの最大の楽しみでした。辛かったのは、長嶋監督の解任事件です。あれ以来、ボクはすこし「大人」になったようです。巨人軍はファンのものではないんだ…というを子供心にも痛感したものです。あの事件以来、ボクは巨人軍を少し遠くに置いて見ることになりました。

松井選手が巨人軍に入団してもボクはまだそれほど強く彼を特別視はしていませんでしたが、あの中日との決戦の試合でした。ボクはあの試合で松井選手をド明確に「将来、日本の4番打者だ!」と思えたのです。そう、あのホームランです。あれほどの緊張感の中でよくぞ…到底ボクのような小心者には出来ない極限のプレーに見えました。それは、まるで高質の芸術作品を見ているかのような美しささえ感じたものです。

あれ以来、巨人軍の松井選手が気になりました…。ボクにとって松井秀喜選手は特別な存在になったからです。その選手が「裏切り者と言われるかもしれませんが…」と前置きしながら「ニューヨークヤンキースの入団」を決意したというニュースは衝撃でした。

仕事柄、ボクはニューヨークで暮らしていたことがありました。想い出の多い街です。
松井秀喜選手とニューヨーク。ボクにはなんだかピンと来ませんでした。むしろ、違和感さえ感じました。「ゴジラとニューヨークってお似合いかなあ?」…と、友だちにはそうハシャいだものです。
結局ボクの心は、松井選手と一緒に久々に太平洋を越えました…懐かしいニューヨークへ。そして、実際NYに行くたびにヤンキースタジアムに行っては松井選手の活躍を観戦してきました。まるで、後楽園球場に行っていたあの頃のようにハシャぎながら。不思議なことに、ボクが観戦した試合でヤンキースが負けたことはありません。

松井選手は言い続けています。「チームで勝ちたい」と。「チームに貢献したい」と。それが彼の野球観なのでしょう。彼の野球観がボクの心に響きました。「みんなでうまくいった」ことをよろこぶために…。その為に、自分は今チームになにが出来るか…。

さて。今年はそんな松井選手に移籍の噂やレギュラーではなくなるだのと噂があります。
ファンであるボクはただただオロオロするばかりです。噂どおりだったとしたら、あたかも、ニューヨークヤンキース球団にとって松井秀喜選手は必要ない、と言わんばかりに聞こえてきます。なんだか腹が立ってきます。球団経営とファンの心境とは必ずしも一致していない。それは、日本球界と同じなんだということも、この噂事件でボクは覚悟が出来ました。

そして、年が明けたいまボクは少し落ち着きました。
「松井秀喜選手の夢に賭けた」ボクの初心を思い起こしました。彼を応援して行こう、と。
彼の属する球団が彼をどう扱ってもいい。松井選手のファンであるボクは、やっぱり松井選手に声援を送り続けていこうって、ボクの心がそう言っています。

日本球界を大リーグ関係者の「目」を向けさせたパイオニア・野茂投手。彼の「夢」を継続してくれるのは、やっぱりこの人、松井秀喜選手しかいません。去年の「10月決戦」は、確かにファンのボクのが見ていても、お世辞にも素晴らしい活躍、とは言い切りません。そんなことはここで書くべきことではないのですが、なんとしても今年、背番号55が名実ともに復活して欲しいです。

今年もボクはあの「夢」を追い求めて、松井選手を応援していきます。
a0094890_11473413.gif

人気blogランキングへ!
クリックして欲しいなッ。ありがとう!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-01-06 11:47 | 第五章