やっぱりこの「ふたり」

松井選手の膝の様子は確かに気になります。
完治しているのか…、というメディアの記事から想像すれば松井選手はまるで重病人なのか、と錯覚するほどです。
A・ロッド選手とて腰痛の持病があるし、アブレイユ選手も膝痛を抱えています。主将・ジータ選手もまた腰痛や足首に持病を抱えたまま。また若いカノー選手だって、試合中、ねんざしてますから、ね。まあ、元気なのはカブレラ選手くらい。こんな具合にNYYの主力選手たちを含め、大リーガーは身体のどこかに「持病」を抱えているもの。松井選手がいままでそんな話題に上らなかったが不思議なくらい。ボク個人としては、この写真を見る限りでは、「例年どおりだなあ」と思いましたが皆様はいかがでしょうか。メディアが騒ぎすぎ、の感もあります…。

ところで、NYYの打撃陣だけど、結局のところ、このふたり、「A・ロッド選手」と「松井選手」がまた例年どおりの活躍するのではないでしょうか。
a0094890_1212124.gif

シーズン中、打点を期待できるのは、結局のところボクはこのふたりの活躍で決まるんだろうなあ…と感じます。デッカイ打球とド派手な打球はA・ロッド選手の担当、松井選手は進塁打などの頭脳打撃が出来るし、そしてそして、ここ一発のデッカイ打球もかッ飛ばせますからねぇ。松井選手は昨年こそ本塁打は少な目でしたが、どうでしょうか、案外今季は31本の自己記録を軽く更新してくれるような気がしません? 昨シーズン、フォームにこだわっていたようですが、今季は…そう言う話が出てきませんから。おそらく、日本にいた冬の間、じっくりとふるさとで彼流に「なにか考え」を固めたのかもしれませんぞ。冬の間、日本のメディアに登場することなく、密かに…って、ボクは思っていますが、どうでしょうか。

A・ロッド選手は、このオフに契約でもめていたようだけど、きちんと合意でき、ボクはホッとしています。いまさらA・ロッド選手がいなくなったNYYって、想像しにくいですから。彼はもはやNYYの「定番選手」になりました。こんな楽しい写真が見られるだけでも、安心です。上層部が変わってもボクたちファンには、選手の表情しか伝わってきませんからホントの事情はわかりません。
ただ、A・ロッド選手がこうして今季もまた、「ここにいる」ことがNYYファンのボクにとっては大切なのですから、ね。

人気blogランキングへ!
クリックして欲しいですッ。ありがとう!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-02-22 12:08 | 第五章