主将・ジータ選手

松井選手もそうだが、NYYの主将・ジータ選手はなおさらだろうと思う…。
a0094890_10263863.gif

ワールドチャンピオンを逃して今季で、8シーズンを迎えている。この間1度として「10月決戦」に駒を進めなかったシーズンはない。もう少し、後一歩、で後退してしまった。周囲から勝利を義務づけられたNYY。「常勝NYY」のイメージを確保しなければならないこのチーム。チャンピオンになってから、8年も経つがNYYは栄光をつかんでいない。
そしていま、大リーグは戦国時代を迎えている。レッドソックスを軸にしたとしても、どのチームでもチャンピオンになるチャンスが来た。

だからこそNYYはなんとしても今季、勝ち抜いて欲しい。
監督を新しくして、コーチ陣を刷新して、そしてオーナーも変わった。今季限りでNYYのホーム球場「ヤンキースタジアム」は姿を消す…。来季、新設した球場に移動する。NYYに取っては今季、歴史的なシーズンを意味する。

8年間、は少し長い。もうこれ以上は… という感想が選手たちもファンたちもそして球団関係者も同じだろう。
松井選手は昨年オフの過ごし方を見ても、そして今季その練習風景にしても、並々ならぬ「決意」が伝わってくる。彼の「決意」こそ、彼がNYY選手だある証明でもある。03年の新人松井選手の姿ではない。主力選手の心構えというべきだろう、そんな気概が伝わってくる。

そして、ジータ選手はかなり「本気」だ。
これだけのスター軍団の主将の立場でシーズンを戦い抜く。ジータ選手の膝は松井選手同様の持病を抱えている。しかし、彼はグランドではそんな痛みをファンには見せない。むしろ、闘志あふれる姿を見せ続けてくれる。

ジータ選手と松井選手、そしてA・ロッド選手…。この3人がの活躍が今季のNYYの行方を決定するのだろう。

人気blogランキングへ!
クリックして欲しいですッ。ありがとう!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-02-26 10:11 | 第五章