それ行け! 「夢」を追いかけよう 日本人選手たち

地元カンサスシティのカウフマン・スタジアムで開幕を向かえたロイヤルズ。
a0094890_12432256.gif
「残念な試合です。攻め切れなかった。守備もしっかりしているし、昨年のロイヤルズとは印象が違った…」とは、試合後の松井選手のコメントだ。

確かに今季のカンサス・ロイヤルズはどこか違う。守備陣にしても、投手の使い方にしても、切れ味の良さを感じる。ここ数年間、「100敗チーム」とあだ名された弱々しさがどこにも感じないではないか。開幕3連戦で、デトロイトを sweep して弾みをつけ、なんとなんと今日の試合でヤンキースを 5-2 で破った。うかうかしてはいられない、そんなチームになっている。現に今日、ヤンキースにとっては昨年までは「お客様チーム」だったはずだが、7安打しても打線がちっともつながらない。
ロイヤルズ先発投手のバニスター投手は、5回を2失点で押さえ、メヘイ、ラミレス、ヌネスと小刻みに継投、ヤンキースの打線を寸断していった。バニスター投手はこれで2連勝。クローザーのソニア投手は2S目を上げている。

このような試合を作り始めた新監督・ヒルマン監督の采配が光っているのか…。ヒルマン監督と言えば、日本ハムを、日本一2連覇の偉業を達成した監督でもある。監督が違うと、やはりチームカラーは違ってくるのだろう。

そのヒルマン監督が今季、日本の投手をチームに引き入れた。そう、あの野茂英雄投手だ。今日は登板がなかったが、明日以降、野茂投手の「#91」が見られるか? そして、藪田投手もまたこのチームに控えている。どんな場面で野茂投手を起用してくるのか、ヒルマン監督の采配が気にかかる…。

a0094890_12445046.gifさて、今日の松井選手は、4-1 で、7試合連続安打を記録。
地元カンサスシティにあるカウフマン・スタジアムで今季初の開幕戦。まだまだ寒いカンサスシティとはいえ、開幕から勝ち続けているロイヤルズを地元ファンが満席にしている。ミズーリ州といえば、同じ大リーグ・セントルイスカーディナルスがいる。こちらは一昨年ワールドシリーズを制したチーム。

ロイヤルズも今までのチームカラーから早く脱して、このままの勢いを継続して東部地区の変身チーム・ヘイズ同様、地区優勝を争えるチームに育ってほしい。
大リーグをおもしろく、興奮させてくれるのはこういう「意外性」のあるチームの出現なのだから。




意外性…。リーグは違いますが、シカゴカブスもおもしろくなってきましたねぇ。新加入した福留孝介選手の大活躍もあったり、ソリアーノ選手との長期契約、リー選手活躍などで、カブスは「打撃チーム」への印象が強くなりましたね。カブスは「名門」とは言うものの、なにせ、100年間ワールドシリーズ優勝から見放されているチーム。昨年85勝して、地区優勝を達成しているが結果はここまでした。果たして今季、カブスは? このチームもボクには大いに気になります。

a0094890_13105881.gifまあ、とにかくロイヤルズは目下、5勝2敗でシカゴと並んで、中部地区では首位であることは間違えない事実。快挙! ですね、これって。7試合消化してまだ勝ちのないタイガースが弱すぎるのか…。ここ中部地区は混戦が予想されます。

今季、ボクはどうしてもヤンキースにワールドシリーズを制して、「環光」を勝ち取ってほしいです。その一方で、日本人選手たちの大活躍も注目していきます。せっかく「夢」を抱いて太平洋を渡った多くの日本人選手たち。彼らの活躍ぶりは、そのまま大リーグの試合温度と正比例してしまうのが、ボクの気持ちなのです。

なので、松井選手! がんばってください! 
松井選手の「夢」はボクをはじめとして、多くの人たちが声援していますから! 
遠慮なく、やっちゃってください、ホームラン月間15本打ってもかまいませんから! ハイ!
ベンチにいる貴君はいつも笑顔でいてください…。
「夢」を追いかける男のまなざしでいてください、
ハイ!

さてさて、明日…。ヤンキースは?

人気blogランキングへ!
クリックして欲しいですッ。ありがとう!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-04-09 13:10 | 第六章