夏が来る! そして「ジョンビ選手の日」

ベースボールの勝敗が左右するのは、圧倒的に投手力。わかってはいるけれど、ボクはどうしても打撃力に目が向くのです。
到底、打てそうにない投手から安打を放つ…。そんな打者がボクにとってはヒーローに映る。

そもそもベースボールって、矛盾だらけのゲームです。打率と防御率は正反対の価値観だし…ね。
投手が攻めている瞬間は、その仲間たちは守りになる。打たれまいとする選手から、なんとか安打しない限り、チームは得点できない。ベースボールの点取り合戦って、誰が思いついたのか…この最高のエンターテイメントを演出した人は天才ですよ。

さてさて。今日はジョンビ選手の日、でした。
a0094890_13475466.jpg

16号ソロ、17号2ランと、2打席連続ホームランです。口髭も様になってきたようです。髭が御法度のヤンキースだったのに、まあ、この程度なら…と言うことなのでしょうか。
で、A・ロッド選手もまたソロホームランと、今日は打撃陣の活躍でNYY 8-0SD。
派手なヤンキースタジアムだったことでしょう。
ジョンビ選手は毎年そうなんですが、4月はいるんだかいないんだかって選手。たまに出てきて、ホームランしたり、大三振したり。でも、6月に入ってからの数試合、いいですよねぇ。今日の打点で「40」に乗せました。今季もまた、100打点は心配なさそうです。
打点といえば、ヤンキースのチームの中ではアブレイユ選手の「43」がトップ。今日のホームランで2位浮上のジョンビ選手「40」、3位A・ロッド選手「38」、4位松井選手「34」、5位ジーター選手「32」。
打率では、規定打席には不足しているけれど、やっぱりA・ロッド選手の「.328」で1位。以下、デーモン選手、ポサーダ選手、松井選手が続きます。
開幕時、あれだけ湿っていた打線は今となってみれば3割打者がズラリと4人もいます。

抑えて勝つか、打ち込んで勝つか。
矛盾だらけのこのゲーム。まるで人生みたいだけど、どうせなら、派手に打ち勝ちたいもの。そんなチームからボクは「夢」の創作をしたくなります…。

今日で、5連勝。
松井選手の振り切ったバットから、明日こそ白球は高く舞い上がる…。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-06-18 13:57 | 第六章