「温存」

NYY 10-0 PIT

かちゃあ~いいじゃねぇか…。
まあ、そうなんですが、ね。やっぱり、松井選手が出場していない試合は応援してもなんとも力が入らないボクなのです。

今季からDHになった松井選手にとっては体調がすべての源。膝の故障に首の痛みが加わって、さらにはDH制のないナショナルリーグチームとの対戦では出場機会が少なくなります。
いままで、NYYのテレビ観戦には必ず出場していた松井選手。当たり前、でした。しかし、いまはDHの選手なのでしょう。

6月の交流戦が終われば、7月からは同リーグチームとの対戦だけになります。今季は、台風の目のごとく、いやいや、そのチーム名のごとく、ピカッと光る「レイズ」が球団創設以来の大進撃を続けています。まさに「新しい輝き・レイズ」は、今季ほんとうに強いチームです。今日だって、あのマーリンズ相手に15-3と打ちまくった。46勝31敗で、首位ボストンとの差はわずか1ゲームです。
7月、東部地区ヤンキースの相手はボストンだけではありません。この「新生レイズ」がいるのですから。

温存、という言葉があるそうです。大切に取っておく、いざというときに使うために…。
なんとなくだけど、ジュラルディ監督さんは松井選手をこの6月は「温存」しているのではないか…と、勘ぐりたくなります。「7月は出ずっぱりにするぞ! いまのうちに体調を整えておけ!」という監督さんの声が聞こえてくるのですよ。

現地時間の6月12日、松井選手は自分の誕生日に「逆転満塁ホームラン」を打っちゃうほどの「強運」を、野球の神様から授かっている選手ですよ。
きっと、…だけど、7月には松井選手が何かしてくれそうな予感が…しているのですが、ね。
…そして、「10月」へ。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-06-26 12:11 | 第六章