ALは明日以降…

今日、NL(National League)のフィリーズがブルワーズを6-2で破って3勝1敗、リーグ優勝決定戦進出を決めた。これでNLは日本時間10日から、ドジャース対フィリーズがワールドシリーズ出場をかけて戦う。

AL(American League)は、2勝していたレイズとレッドソックスがともに負けたため、リーグ優勝決定戦進出は明日以降の試合結果になった。

それにしてもボストン対エンジェルス戦は長かった。5時間を超えた。ベケット投手の体調が万全ではないのか、いつものキレ味がなかった…。4-5で負けたが、試合展開として、今日はどう見てもエンジェルスの方が上回っていた。4回裏2死満塁で、2塁とセンターとの間に落ちた打球で、塁上の3選手がホームに戻って3得点したが、これも2死だったからだろう。試合は押されていた…。
一方、レイズは敵地シカゴで満員の観衆の中で3勝目を狙った。しかし、各選手が持ち味が出ないまま終了している。前試合では2打席連続ホームランを打つなど勝利の牽引役だった4番打者・ロンゴリア選手はこの試合では3打数ノーヒット。

ベースボールは9人制。ただ「10人目の選手」がいるという諺がある。
10人目とは、ホームチームに集まる観衆だ。彼らの声援はホームチームには「元気の源」になり、相手チームには「厄介な源」にもなる、ということらしい。ボストンは明日もホームグラント、レイズは「10人目の選手」がいる敵地で戦う。もし、レイズが敵地で3勝目を手にしたとしたら、ほんとうに強いチームに育った証明になるだろう。明日もまた、彼らが生み出す「ドラマ」にボクの心は釘付けになる…。

a0094890_1451056.jpg
人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-10-06 15:10 | 第六章