フィリーズ先勝

さあ行こう、 レイズの若者よ! 栄光の頂点をめざして高く高く、登っていくがいい!

惜しみなく、自分の能力の限界に挑戦して、そして超越しようではないか…。
未だ出逢ったことのない自分と出逢ってみようではないか…。
それぞれが、すべてのパワーを出し切って、すべての可能性を信じて…。
チームの一員との自覚を誇りに、昂ぶる仲間たちとともに、いまだ歩いたこともない「栄光の道」を…。

君たちに惜しみない声援を贈るファンとともに、輝かしい光の道を歩もうではないか!
行って来い 君たちのグランドに! 
その名のとおり、瞬間の輝きを放てばいい レイズの若者たち!

今シーズンの最後を飾る7日間がスタートした。
30日(米国現地時間)まで、短くもあり、また最長でもある日々の幕開けだ。

本日の結果は、
TB 2-3 PHI
フィリーズの先勝だった。
あわてることはない。素晴らしい試合だったことをボクは忘れない。

いきなり、アットリー選手の2ランで先行したフィリーズが手堅く守り抜いての勝利。レイズもクロフォード選手のソロホームラン、岩村選手の2塁打で追いかけたが、ハメルズ投手はじめフィリーズ投手陣に押さえ込まれた。レイズにとっては、3,4番打者の無安打は確かに痛い。お互い、初対決とはいえ、フィリーズ側の「研究成果」があらわていた試合だった。変化球にもろいレイズ打線…。
さあ、明日だ。今日と同様の試合をしてはならない。前に出ろ! 若きレイズよ。
a0094890_1623264.jpg
     <4打数3安打1打点の、ワールドシリーズ初登場の岩村選手だったが…>

レイズは今日の試合からきっとなにかを学んだはずだ。
明日の試合は今日以上にますます楽しみ…。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-10-23 16:24 | 第六章