いざ咲き誇れ! 3085の桜花

金田正一投手の400勝 王貞治選手の868本塁打 そして、張本勲選手の3085安打

これは日本プロ野球界では、3大記録であり、アンタッチャブルレコードとも呼ばれていると聞く。
それほどの記録だ。確かに計算すればすぐにわかるが、選手活動生活の年月をこの数字で割ってみれば、いかに大変な数字であるかが実感が出来ることだろう。

そして、今日のこと。
シアトルマリナーズの1番打者・イチロー(本名・鈴木一朗)選手が日米通算3085安打を記録した。
a0094890_0285549.jpg

その瞬間をひと目見ようと、記録保持者である張本勲氏がスタンドから観戦している姿が海外放送の生中継でも映し出されていた。
しかも、満塁ホームラン、である。これ以上の記録達成の「台本」はない。まるで「スポ根劇画」でも見ているような、笑い声さえ出てしまう…。
WBCでは、逆転安打して日本チームを世界一に導いたイチロー選手。ここでもまた、日本人ファンたちへの感動的名場面を記憶に残してくれた。

明日、いよいよ新記録3086安打を打つに違いない…。

NHKのインタビューでふと感じたことがあった。イチロー選手のコメントの変化である。
3085安打の祝福を受けた後、「今日勝ててよかった。チームが勝っていないと…」と、落ち着いてコメントしていたことである。いままでは、自分のことばかりを優先しているようなコメントが多かったが、今日は…違っていたように感じた。なにかの変化を、この選手から感じた。この変化はなんだろうか…。

ジュニアはこの試合で、マリナーズでの通算「400号」を打った。大リーグ通算「613号」だった。
実はボク、ジュニアの打撃には昔から「美」を感じていたのです。あの独特のフォロースルーって言うんですか? 打った後にバットを流れるように…。で、正直に言いますが、ジュニアってちと、太りすぎ…じゃないか。地元では彼を「キッド」って言うけど、最近は「オールド キッド」って言う人もいるそうですよ。まあ、それほど彼の存在は地元ファンから可愛がられているってことなんですが…。しかし、デブったなぁ。
そのジュニアが戻り、イチロー選手もDLから戻り、いきなりの「アベック本塁打」でしょ。
記録ずくめに立ち会えた今日の観客は、最高の夜になったことでしょう。
a0094890_14532958.jpg


…NY152…
by mlb5533 | 2009-04-16 14:51 | 第七章