発見 スゴイ選手!

久々にゆっくりと、あちらこちらのスポーツサイトを読みました。

ヤンキースの8月は、いままで23試合戦った結果が、17勝6敗。負けは、たったの6回だけ。
今季成績が79勝47敗で、通算勝率が現在、.627。ということは、このペースで残り36試合を勝ち進んだとしたら、2004年シーズン以来の、「100勝越え」ですぞ。昨年は90勝も届かなかったチーム事情なので、今季はその鬱憤晴らしをしてほしいと願っていますが、果たして…。

松井選手が素晴らしい活躍を続けていますね。
8月の快進撃の理由のひとつは、彼のバットが「美しい!」という評価をしていいと思います。

昨日はレンジャーズ戦に「5番・DH」で先発出場して、4打数2安打3打点です。
これで8月の24打点は今季の月間最多で、今月は残り6試合まだあります。2003年6月にマークした月間29打点の自己最多記録更新を視界にとらえた、とメディアは書き立てていました。また、今季71打点とし、残り36試合で2年ぶりの100打点到達も見えてきましたぞ。
前カードのレッドソックス3連戦(ボストン)は、2度の1試合2本塁打&9打点と大暴れした松井選手。「夏男・ゴジラ君」の面目躍如ってところでしょう。

でね、本日のレンジャーズ戦で「気に入ったぜ!」って選手を見つけました。ボクの目がテンになるほど注目したのは久々です。ここしばらく、いかにヤンキース戦を観戦していなかったか、という証明みたいですけど…ね。
ジェリー・ヘアーストンJr.選手! が、ボクのベースボール観戦記録に初登場で~す!
a0094890_16142899.jpg

圧巻はこの場面…。
7回表に、マーフィー選手の12号ソロを打ち込まれて、NYY 4-2 TEXと接近されたその裏の攻防です。先頭打者のカノ-君が2塁打で出塁。さあ、テキサスのエース格ホランド投手をいよいよ攻め立てるときが来た!と思わせたとき、ジェリー・ヘアーストンJr.選手が打席にたちました。
お恥ずかしい話なんですけど、ボク、この選手を全然わかってませんでしたから、さほど期待もなく、ただ「打てばいいけど…」程度の、ゴクありふれた応援しかしていません。
ところが、どうしてどうして。なんとなんと、ホランド投手に12球も投げさせたではありませんか。
ホランド投手はストライクゾーンでも低く、低く球を内外にチラした丁寧なピッチングを崩しません。決して、球はうわずることがなかったのです。身長170センチ程度の小柄なジェリー・ヘアーストンJr.選手、この球をことごとくファールにしていきました。そして12球も投げさせて、四球で出塁。これで無死1,2塁と反撃の機会が広がりました。ホランド投手がここでジェニングズ投手と交代。
カブレラ選手も出塁して、無死満塁。その後、ジータ選手、スイッシャー選手、テシェイラ選手の連続の長短打で一気にたたみ込んで、5得点。
NYY 9-2 TEX 
と、テキサスを突き放しました。このビッグイニングを創った影の立て役者は、ボクは12球も粘って四球で出塁したジェリー・ヘアーストンJr.選手だと思っておるのですが…。試合の行方が決まった8回裏、またジェリー・ヘアーストンJr.選手に打順が回ってきましたが、そのときも相手投手から10球も投げさせています。結果は、三振でしたが、ボクはこういう選手、大好きなんですよ。反対にこういう味のある選手を敵に回すと、ボク、不機嫌になるんですわ。かつて、巨人軍に篠塚って選手がいましたが、ボクはこの選手が好きでしたねぇ…。確か背番号は「6番」だったと思いますが、現在は坂本君が背負ってますね。坂本君、いいよね。ホント、いいわ坂本選手。ちと、むらっ気があるのが難点だけど…。あ、いかんいかん。ヤンキースに話を戻します。

a0094890_16164219.jpgで、気になったのでちょっとだけジェリー・ヘアーストンJr.選手のことを調べてみました。
Jr.って言うくらいだから、親御さんも…ヒョッとして、そう思いながら調べてみました。

最近までレッズの選手だったんですねえ。ということは、「シアトルの王様・24番」と一緒にプレーしていたんですよ! 当時のレッズでは、「ダブルJr.」ですねぇ。WBCでは、メキシコ代表選手にもなっていました…失礼しました、ハイ。
すげぇわけだぁ! この選手。

もともとボルチモアでデビューして、7シーズンも活躍してます。ということは、2001年まで大リーグの良心、大リーグの大リーガー、鉄人と謳われたあのカール リプケン大先輩と一緒に内野を守り続けていた選手ですよ…。
すげぇわけだ、この選手。できることなら、もっと試合に出ていただいて観戦していたい選手です。
打率は.314ですよ。出場機会が少ないとは言え、やってくれる選手です。

さらに調べてみると、
シアトルにいたブレット・ブーン選手と同じく、なんと親子三代のメジャーリーガーでした。
(祖父)Sammy HAIRSTON CWS 51年
(父) Jerry HAIRSTON  CWS 73-89年
(本人)Jerry HAIRSTON Jr.
(次男)Scott HAIRSTON ARI 04-07 SD 07-09年

すげぇわけだぁ! この選手。
ここまで来たら、どうせ地区優勝しますから、この際、100勝ゴールに目標を上げて行きましょうよ、ね。もちろん、主役・松井選手の大活躍にも期待して、声援を送り続けます。

さあ、あした明日。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく

…NY152…
by mlb5533 | 2009-08-27 16:18 | 第七章