おめでとう! 「カノー君の日」で80勝到達

これはもう、「カノー君の日」でしょう!
NYY 2-2 CWS
延長10回裏2死から飛び出したカノー君の「3点サラナラホームラン!」
ご立派のひと言。
a0094890_21105220.jpg

この選手、大物揃いのヤンキースにあって、一息ついて観戦できる選手なのであります。
テレビ観戦しながら「ちがうだろッ!そこでエラーすっかぁ」とか「だめだめ初球は…」「スッとうっちゃえって、スッと!」「外野フライでいいから…ちがうなぁ、ゴロじゃダメだろ」
などなど…。カノー君が打席に立つたびに、あるいは、相手チームの打球が二塁間に飛んでいくたびに、自分の弟分に話しているような、そんな身近な感じで、チャチャを入れての声援しています。
そんな声援が出来るのは、ヤンキースのなかではカノー君だけなのです。
05年から今季で5シーズン目。カブレラ選手と同じドミニカ共和国のメルキー・カブレラ選手のコンビは、ベンチをますます陽気にさせてくれます。

例年、打率300。A・ロッド選手たちのような派手さはなく、ポサーダ捕手のような堂々たる風格にも欠けています。最近はちと、太ったかな、とは思いますが、貫禄は…ない。で、ボクはここが彼のところだと、妙にひいきにしているのです。
可能性という観点では、絶対イチオシの選手だとも感じます。「10月決戦」でも、いつもと変わりないように、ふつうに打席に立つカノー君。ここが彼の最大の魅力なのです…ハイ。

と、ここまで書いてブログにアップせず、今日になってしまいました。
そしたら、またまた
NYY 10-0 CWS
でした。もう、どうなっているんでしょうか。80勝をカノー君の逆転ホームランで飾ったと思ったら、81勝は大勝ではないですか…。んーーー、もう少しCWSも頑張ってもらいたいです。なんだか、弱い者いじめしているみたいだから…。安打数はNYY 14に対して、CWSは1安打。この試合でもカノー君は活躍。5-3 打点2の活躍です。

我が松井選手とて、負けてはいません。
4-2 打点1を記録していました。打率が.271と上がってきましたね。
さて、明日もCWS相手ですが、もう少し接近した試合をして欲しい…とは、贅沢な要求かな。
a0094890_23181496.jpg

また、あした明日。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく
(写真素材はMLBサイトより)

…NY152…
by mlb5533 | 2009-08-30 21:11 | 第七章