28号で「10月決戦」出場決定!

とっくにご承知でしょう、松井選手が今日もアナハイムで連夜のホームラン。
28号です。ヤンキースの選手になって、通算140本目でした。
a0094890_7382832.jpg

…昨年この日、松井選手は左ひざの手術をしています。ヤンキースはプレーオフ進出がなくなり、暗いニュースが続いた頃、松井選手は結局左ひざの手術をすることが決まった。06年にあの怪我をして以来、松井選手をとりまくニュースにはどこか明るさが消えいてた。だからボクのようなファンは静かに彼の回復を待つしか出来なかった。監督さんも変わって、もしかしたら来季からは出場出来なくなるのか…、などと不安なオフを過ごしたものでした。そして、今季忘れもしません。開幕初戦は4番DHで先発出場。初ヒットは2ランホームランで開幕した松井選手でしたが、その後は低迷が続きました。打順も7番か代打が続きました…。6月になってもパッとしませんでした。松井選手に対するイヤな噂を流す記事がでたのもこの頃でした。ところが8月から急速に回復、膝の不安があったことさえ忘れてしまうほどの活躍です。いまや、3番テシェイラ選手、4番A・ロッド選手、5番松井選手は完全に固定しています。

で、確かに監督さんの松井選手に対するかかわり方、期待する内容に違いを感じます。
トーリ監督はもっぱら松井選手にアベレージと打点を要望されていた感があります。「滅多にでないホームランを期待するより、確実な得点」をあげるチーム作りだったのかも知れません…。
しかし、ジラルディ監督さんは「松井選手の本来の姿」を要望しているように見えるのです。白球を遠くに、そして大きく飛ばす打撃を…。その体に戻るまで待っていたように見えます。チーム打撃が今季少なく感じるのは、むしろ監督さんの要望なのかも知れません。とくに、今日の試合でA・ロッド選手が犠打を打って6-5にして、続く松井選手は2死1,2塁の場面で三振していますが、フルスイングでした。軽くあわせていれば…と思うのですが、今季の松井選手はもうそんな打撃はしなくなりました。ここがいままでの姿とは違っているように感じます。日本を代表する長距離打者としての本来の姿を発揮し始めている…。
だとしたら、30本塁打はファンやメディアの期待ではなくて、むしろ松井選手は打たなければならない本数です。打つべき本塁打数なのではないでしょうか…。
監督さんは松井選手の膝の具合を配慮してか、休み休み大事に使っている感じ。決して4,5連戦とは使っていない。ファンにしてみれば試合があればいつでも出場している松井選手を見たいものですが、休ませながらの起用。そのおかげか、次第に体調が向上していきました。
この起用法は松井選手に限らず、A・ロッド選手も同様に見えます。また、若手選手もまた4,5連戦させません。今季ヤンキースはまるで「猫の目打線」のようにも見えます。8月以降の松井選手はどこか、のびのびと自由に打撃を楽しんでいるかのようにも見えるのはボクだけでしょうか。
これがトーリ監督さんとジラルディ監督さんの違いなのかも知れない、なんて素人のボクはそう感じます。もちろんどちらが良くて、どちらが悪いなんていう比較ではありません。

その甲斐あってか、松井選手は本塁打が量産体制に入っています。
昨日は代打出場でセンターに27号を。日米通算471本塁打(日本332本、米国139本)目で、初の代打アーチ。
a0094890_7435443.jpg

ここ6試合で4本塁打と大当たり。左飛に終わった7回も外角低めの難しい変化球をフェンスぎりぎりまで飛ばし、好調さを示しています。
試合中にレンジャーズが敗れたことによって決まった2年ぶりのプレーオフ進出を勝利で祝っています。チームの中軸にいる松井選手の活躍がこの好結果に貢献しているのは、もはや誰が見ても明らかでしょう。残り10試合で自身2度目の30本塁打、2004年の自己最多の31本塁打の更新まで視野に入ってきたではありませんか。是非、この数字を達成して欲しいものです。

現在ア・リーグ東地区首位のヤンキースは、3年ぶりの地区優勝へのマジックナンバーを「6」にしています。プレーオフ進出が決まっても、静かに球場を去っていくヤンキースの選手たち。彼らは「まず、地区優勝を」と胸に秘めている様子。とくに松井選手には、頑張って欲しいものです。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく
(写真素材はMLBサイトより)

…NY152…
by mlb5533 | 2009-09-23 01:10 | 第七章