松井選手2打点の活躍 まずは1勝!

さあ、行こう! 輝く栄光に向かって。

待望のアメリカンリーグ優勝決定戦がいよいよ本日からスタートです。4勝すれば優勝です。
ここまで駒を進めるために半年間を戦い抜いたヤンキースの選手たち。
今シーズン6年ぶりで100勝を突破。02年以来の103勝というチーム力とその誇りを胸に、ヤンキースの選手たちが新球場で優勝を賭けて競い合う。

地区大会でツインズを3連覇して、勢いに乗っているヤンキース。闘う相手は真っ赤な軍団・ロサンゼルスエンジェルスです。ボクは個人的にヤンキースが真っ赤な軍団を降した記憶がないのです…。あまり芳しくない記憶の方が残っています。それを相手に4勝しなくては栄光の道が途絶えてしまう。

期待と興奮、幾ばくかの不安を抱えてボクはテレビの前に陣取ります。
地区大会を観戦するのとは、ひと味もふた味も違っていました。サバシア投手がいいです!
試合直前、ポサーダ捕手が例によってなんどもなんどもホームベースに十字架を切り、祈りを捧げたことでしょう。そのポサーダ捕手がサバシア投手の投球と球筋に納得する表情がテレビ画面を通して太平洋を越えた、ここ板橋のアパートにまで届いてきました。
「今日はいけそうだぞ…」
まだ眠気が残っていたので、ここでまたダッシュして冷水で洗顔。気合いを入れ直しです。
さあ、1回裏。ヤンキースの攻撃開始。いきなりジーター選手がヒット、続くデーモン選手もバットを折ってもヒットして、無死2,3塁の好機。こうなれば、先取点は確実にヤンキースでしょう。
テシェイラ選手が浅い飛球で、1死。A・ロッド選手が犠牲飛球で1点先取。
続く打者がDH5番先発の我らが松井選手です。
打った…しかし、打球は単純なショート飛球…かと思ったとたん…あらあらあら…エンジェルスの守備が乱れて幸運に内野安打になりました。2死だったため、2塁走者のデーモン選手はホームイン。
1回で、2点を先行。

さらに、5回裏。
NYY 2-1 LAA

1死、1,2塁の場面で打席に立ったのは松井選手。ここでなんとなんと外角球をバットの先端であわせるかのような「プロの技」を使って堂々の2塁打! デーモン選手が生還、続いて1塁からA・ロッド選手が猛然とホームに突進。ホームを守るマーシス捕手とクロスプレー。
「あぶない…」
さほど足の速くないA・ロッド選手にしては強引のプレーにボクには見えましたが、こういうプレーが出てしまうのが、ヤンキースとエンジェルスの試合です。
とにかく、松井選手は今日の試合で2打点を上げました。
a0094890_2312857.gif

9回。好投のサバシア投手から、リベラ大先生のマウンドに。
きっちりとお仕事をなさいまして、ヤンキースはまずは1勝を飾ってくれました。
試合結果は、
NYY 4-1 LAA

今日の打撃のヒーローは、そうです、ボクたちの誇り松井秀喜選手です!
4点のうち、2得点は松井選手のバットのおかげで。

8度という寒さの中、しかも小雨の天候という膝にはよくない中で松井選手がこれだけの活躍をしています。
さあ、明日も大事な試合です。
日本全国の松井選手ファンたちよ、いや、全世界の松井選手のファンたち。
ヤンキースの勝利と松井選手の豪快な「あれ」を期待しようではありませんか…。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく
(写真はMLBサイトより)

…NY152…
by mlb5533 | 2009-10-17 23:01 | 第七章