夢をそのままに…

松井選手の表情を見れば、それだけでボクはもう十分だった。
さわやかで、おだやかな移籍の記者発表。ソーシア監督まで同席してくれた。
a0094890_1272259.gif

来季は出番が多くなる。
ソーシア監督は「マツイは4番で固定しますよ」とまで言っている。外野守備とDHの併用だろうが、いずれにしてもエンジェルス側での松井選手に対する期待感はそうとうに大きい。
ファンは松井選手の膝が気になる。だが、この併用策が成功したとしたら…。
松井選手の移籍を恩師である長嶋監督がこんなコメントを寄せている。
「7年間プレーしたヤンキースを離れることは大きな決断であり、寂しさもあると思います。しかし、考え抜いた末に選手として最良の選択をした結果でしょう。新天地での出発を心より祝福したい。ユニホームは変わっても、松井らしい豪快かつ、ひたむきなプレーを期待しています」
長嶋監督のコメントは、松井選手ファンの気持ちをそのまま代弁してくれていた。確かに、ボクは7シーズンも間、ヤンキース・松井選手を見続けた。ワールドシリーズでの大活躍は伝説になるほどの勇姿を見せてくれただけに、別のユニフォームを着る姿を見るのは多少の違和感はある。
しかし、彼はそれほど「外野守備」にこだわったというこだろう。来季オープン戦までには、松井選手は久々に外野守備の感覚を戻すために練習してくることだろう。
出場試合が多くなり、4番固定となればNYY時代よりも打点があがる。個人記録にはとんと眼中にない松井選手だが、ファンとしては「大リーグ日本人選手初の打点王」の夢も見たくなる…。かつて、巨人軍・長嶋茂雄選手の記憶の打撃、が松井選手によって大リーグで見られるかもしれない。


そんな日を夢見て…。
ボクは新しい松井秀喜選手に、また声援を続けていきます。

人気blogランキングへ!
クリック よろしくお願いします。

…NY152…
by mlb5533 | 2009-12-17 12:14 | 第七章