カテゴリ:第六章( 72 )

「Forever」

a0094890_1585330.jpg2008年9月21日(日本時間22日)、ヤンキースはホームグランドでの試合が最後になった。
ヤンキースのホームグランドを「Yankee Stadium」という…。

この日の「主役」は、松井選手でもなければジータ選手でもなかった。ヤンキースの人気選手たちではない。主役は「舞台」だった。そう、「Yankee Stadium」そのものである。

この土地に全米のベースボールファンはじめMLB関係者のみならず、全世界のベースボールファンのまなざしが集まった。個人個人それぞれの想い出を残してくれた「舞台」に、「さようなら」を言うために。
この日、全米のMLB選手たちは、すべてデーゲームで試合を終えていた。ナイターはこのヤンキース対オリオールズ戦ただ1試合のみである。全米すべてのMLB選手たちは自宅に戻り、この試合をテレビで観戦していたに違いない。ボクもそうしていたように…。
今日、ベースボールというスポーツが「文化」にまで育っているが、その源がこのスタジアムであることをみんなが知っている。彼らは「Yankee Stadium」に敬意を払いたいのだ。その現れがこの試合だけをナイターにしたMLB選手たちだった。

ボクもこのスタジアムには想い出が詰まっている…。巨人軍しか知らなかったボクが記者時代、英語もろくろく話せないのに、ニューヨークへ。NYで知り合った友達がヤンキースを熱く語ったことがきっかけで、ボクはヤンキースタジアムに行ってみた。マッティングリーがいた! …それからというもの、NYに行くたびに地下鉄に乗ってスタジアムへ。バーニーが打つ! ジータ選手が打つ!

そして、巨人軍4番打者松井秀喜選手がヤンキースに入団した。「夢」を抱いて…。

「Yankee Stadium」とは、これである。「夢」を抱いて人々が集まってくる土地なのだ。その「夢」は、大きいほどこのスタジアムにはふさわしい。だから「世界一のスタジアム」と人はそう呼んでいるのだろう。その試合に、この日、松井選手は先発出場してヒットを打った! 「夢」のグランドのなかに松井秀喜選手がいるではないか…。背番号55、が歴史の中でヒットを打った!

a0094890_15121075.jpg

試合は3時間5分だった。
5回が終わったところで、ヤンキースタジアムでの試合をカウントダウンしている表示に残り試合「0」ではなく、「Forever」が点灯された。「夢」の続きがここに現れた。

ボクのようなアホは「最後なんだから」と今季開始早々そんなことばを連発していた。まるでヤンキースの試合が「0」になるような言い方をしていた自分が恥ずかしい…。そう、「Forever」こそ、この球場にはふさわしい。「夢」は膨らんでいくもの。

確かに今季のヤンキースはひどすぎた。故障者続出のほかにも、ゴシップでもスターになったり…と。
そして、我が「夢」の主役・松井選手は怪我でさんざん悩まされたようだ。松井選手はこの日の試合がすむと、翌日左膝を手術した。もちろん来季の準備である。

新しい歴史がまた始まる…。
どんな「夢」をボクに見せてくれるのか、松井選手の正真正銘の「夢の復活」まで、あと半年。ボクは待つ。ボクはこの「夢」を限りなく大きくして、抱えきれないほどの「デッカイ夢」に膨らませて、背番号55の復活をじっと待つことに決めた。
…激しくもあり、またやさしさにあふれたこの「夢」を、ボクはどうしても消し去ることはできない。

松井秀喜選手の「夢」にボクの「夢」を託したまま、来季、桜が満開になる頃を指折り数えて待っていよう。背番号55の、あの笑顔に再び出逢う日まで…。
a0094890_15103424.jpg

人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-09-25 15:13 | 第六章

「夢」を追いかけて

ここ数試合、松井選手に当たりが出てきた。復帰後、打率.300が危ぶまれたがいまでは.308まで伸ばしている。でも、松井選手の打率アップとチームの勝利とは直結していない。14年目の「10月」進出は8月末に、事実上不可能にはなっていた。しかし、8月だったから、「何か起きる」ことを夢みたもののやはり、数字はごまかせない。淋しいことだがヤンキースは今季、「9月止まり」だ。

不思議な気がする。10月にヤンキースがいないMLBを連想するのは、なぜ難しいんだろう。
かかさずいたはずのチームの名前がない…。まわりは少しも変わっていないのに、突然そのチームだけがいない。そんな不思議さを、淋しさというのかそれとも空白感というのか…。毎年10月、ボクは騒ぎまくっていた。そんな騒がしい自分がいまは懐かしい。

結局、懐かしいあの頃の記憶を戻してくれた人、そう松井秀喜選手がいたから。あの頃以上にヤンキースが気になってしまった。ボクにとってのヤンキースって、松井秀喜選手のチームなんだ、と改めていまそう感じる。だから、松井選手が出場しないヤンキースは、ボクはさほど魅力が感じられない。ただの、懐かしさがわき上がってくるだけ。臨場感というような、緊張感はなくなってしまう。

巨人軍4番打者、日本を代表するホームラン打者が「卑怯者といわれても」…と、自分の胸中を絞り出すようにコメントして「夢」を追いかけ、ひとり太平洋を渡った松井秀喜選手。彼のその強烈な「夢」を、ボクも一緒になって追いかけたかった。それが「ヤンキース」だった。
「夢」をあきらめて、「現実」に迎合した生き方の方がどんなに楽に生きられるか、そんなことはわかっている。でも、それをしちゃうと「責任」が消えてしまう。
もう10月はないんだから、膝の治療に専念して来季に備えた方がいい、ということはきっと松井選手だってわかっているはず。でも、彼はそうしない。「いま自分ができるベスト」をし続ける。ボクはこういう松井選手の「不器用さ」に共感します。シアトルにいたジュニアと、どこか松井選手の生き方がダブるのは、ボクひとりじゃないかもしれない。

来季、自分の「夢」を追い求める体調に戻して、松井選手が「いつものように」グランドでプレーして欲しいです。その「夢」にボクも一緒に追いかけ続けますから…。


…NY152…
by mlb5533 | 2008-09-08 10:14 | 第六章

現実は厳しい

今季、ダメかなぁ…。
ボストン戦での敗北が痛かったなあ。

復帰した松井選手だけど、その打撃フォームを見る限り、素人のボクでも下半身に不安を感じます。来季もあるんだから、是非体調を戻していい形でもどってほしいですね。

そうそう、ジュニアがシカゴに移籍したんですよね。それには驚きです。シアトルでは、ジュニアをもう一度マリナーズに戻そうという運動があるそうですが、もしかしたら来季、シカゴからふるさとのシアトルに帰ってくるかも…。こんな楽しみをしているのは、ボクがヤンキースの「10月決戦」をあきらめちゃった証拠かな。
ただし、ベースボールってなにが起きるかわからない。なので、ここに至ってもヤンキースと松井選手には目が離せません。


…NY152…
by mlb5533 | 2008-09-01 13:49 | 第六章

「温存」

NYY 10-0 PIT

かちゃあ~いいじゃねぇか…。
まあ、そうなんですが、ね。やっぱり、松井選手が出場していない試合は応援してもなんとも力が入らないボクなのです。

今季からDHになった松井選手にとっては体調がすべての源。膝の故障に首の痛みが加わって、さらにはDH制のないナショナルリーグチームとの対戦では出場機会が少なくなります。
いままで、NYYのテレビ観戦には必ず出場していた松井選手。当たり前、でした。しかし、いまはDHの選手なのでしょう。

6月の交流戦が終われば、7月からは同リーグチームとの対戦だけになります。今季は、台風の目のごとく、いやいや、そのチーム名のごとく、ピカッと光る「レイズ」が球団創設以来の大進撃を続けています。まさに「新しい輝き・レイズ」は、今季ほんとうに強いチームです。今日だって、あのマーリンズ相手に15-3と打ちまくった。46勝31敗で、首位ボストンとの差はわずか1ゲームです。
7月、東部地区ヤンキースの相手はボストンだけではありません。この「新生レイズ」がいるのですから。

温存、という言葉があるそうです。大切に取っておく、いざというときに使うために…。
なんとなくだけど、ジュラルディ監督さんは松井選手をこの6月は「温存」しているのではないか…と、勘ぐりたくなります。「7月は出ずっぱりにするぞ! いまのうちに体調を整えておけ!」という監督さんの声が聞こえてくるのですよ。

現地時間の6月12日、松井選手は自分の誕生日に「逆転満塁ホームラン」を打っちゃうほどの「強運」を、野球の神様から授かっている選手ですよ。
きっと、…だけど、7月には松井選手が何かしてくれそうな予感が…しているのですが、ね。
…そして、「10月」へ。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-06-26 12:11 | 第六章

a0094890_1282929.jpg知らなかった…。シアトルのともだちは、きっと呆れていることだろう。

ほんとうに、知らなかった。

ケン グリフィ Jr.が、
600号ホームランを打っていた事実を、このブログにいまのいままで記録していなかったことに、ボクはMLBファンとして、自分が恥ずかしい。

「ケン グリフィ Jr.」
今後これほど「メッセージを贈ってくれる選手」が、MLBの舞台に現れるか…。

「野球とは、仲間たちであり、そしてボクの家族なんだ」と強烈に、力いっぱい、それを繰り返し叫び続けてくれる選手…。



父と子…。
ベースボールゲームからアメリカ社会の健全さを感じさせてくれる選手、その選手の名前を
「ケン グリフィ Jr.」という。
おそらく、彼の肉体はもはや、ぼろぼろになっているはずだ。
今年11月で彼は39歳になる。

マリナーズ時代、90年8月にはレッズからマリナーズに移籍した父親と大リーグ史上初めての親子ふたりでスタメン。9月には、親子2者連続ホームランという「夢試合」をファンに記憶させてくれた。
97年、98年2年連続56ホームランを記録。翌年99年48本のホームランを打ち、3年連続リーグホームラン王に輝いているのだが…。
a0094890_12521458.jpg


「あの事故」は95年だった。
マリナーズファンは顔面蒼白になった。左手首の骨折だ。フェンスに激突して、あの事故が起きた。松井選手の事故と実によく似ている。ケン グリフィ Jr.はガッツを失うことはなかった。全力でプレーする姿が、ボクだけではなく、彼のファンが共通して彼に抱いている魅力でもある。そして、なんといってもいつまでも変わらないあの少年のような童顔。いつまでたっても彼は「野球少年」の顔。これがまた、彼のファンにとっては、いい、のだ。

99年オフ。フロリダの家族のそばで野球がしたいとの希望を出す。マリナーズから8年1億3500万ドルの契約提示をしたが、トレードを志願。結局、父がいたレッズに、9年1億1650万ドルで契約した。1年1300万ドルの選手だから、松井選手とほぼ同じランクの選手といえる。

一方、マリナーズにはA・ロッド選手がチームメイトにいた。
彼も打ったが、その人気はケン グリフィ Jr.を超えることはなかった。そして、A・ロッド選手の記録もまた、ケン グリフィ Jr.を上回ることもなかった。

ケン グリフィ Jr.が去った翌年2000年オフ。A・ロッド選手は10年で2億5200万ドルというスポーツ史上最高額契約を結んだ。「自分のように若くしてこれだけの才能があればこそのものであり、破るのは難しいだろう。デレクのような者でも無理だ。自分ほどのパワーも守備力もないからだ。彼は1億8000万ドルだろう、いや1億5000万ドルか」だの、ケン グリフィ Jr.が去ったときには、「これで我々は長打を打ちながら負けるというチームではなくなった。このチームは観戦していて面白くなるだろう」と、とにかく自己中心的なコメントが多かった。

ケン グリフィ Jr.は、背番号を変えた。24番から父が付けていた30番に。20004年6月20日の父の日にカージナルス戦で史上20人目となる通算500本塁打を達成した。右足の腱が断裂。その足には3本の金属ボルトが入っている。そして、05年、子供の数の3を背番号にしている。

家族と仲間たちのことを、「ベースボール物語」に託して世界の子供たちに話すとき、
「ケン グリフィ Jr.」は主役になる。
彼なくして「アメリカベースボール物語」の台本は書けまい。

a0094890_12501398.jpg2007年、センターからライトへ転向。6月22日のマリナーズ戦で、移籍以来実に8年ぶりに古巣の本拠地セーフコ・フィールドでプレーした。グリフィが打席に入るとシアトルのファンはスタンディング・オベーションの大歓迎。続くヒットにも大歓声を上げた。マリナーズの投手が牽制球を投げたら、ブーイングが起こっていた。

太平洋を越えて、大変に遅くなりましたが…いま、大声でボクはあなたにこういいます。

「ケン グリフィ Jr.殿 600号ホームラン おめでとうございます」



601号は、先日、A・ロッド選手のいるヤンキースとの対戦で打ってくれましたね…。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-06-24 12:37 | 第六章

ベースボールの勝敗が左右するのは、圧倒的に投手力。わかってはいるけれど、ボクはどうしても打撃力に目が向くのです。
到底、打てそうにない投手から安打を放つ…。そんな打者がボクにとってはヒーローに映る。

そもそもベースボールって、矛盾だらけのゲームです。打率と防御率は正反対の価値観だし…ね。
投手が攻めている瞬間は、その仲間たちは守りになる。打たれまいとする選手から、なんとか安打しない限り、チームは得点できない。ベースボールの点取り合戦って、誰が思いついたのか…この最高のエンターテイメントを演出した人は天才ですよ。

さてさて。今日はジョンビ選手の日、でした。
a0094890_13475466.jpg

16号ソロ、17号2ランと、2打席連続ホームランです。口髭も様になってきたようです。髭が御法度のヤンキースだったのに、まあ、この程度なら…と言うことなのでしょうか。
で、A・ロッド選手もまたソロホームランと、今日は打撃陣の活躍でNYY 8-0SD。
派手なヤンキースタジアムだったことでしょう。
ジョンビ選手は毎年そうなんですが、4月はいるんだかいないんだかって選手。たまに出てきて、ホームランしたり、大三振したり。でも、6月に入ってからの数試合、いいですよねぇ。今日の打点で「40」に乗せました。今季もまた、100打点は心配なさそうです。
打点といえば、ヤンキースのチームの中ではアブレイユ選手の「43」がトップ。今日のホームランで2位浮上のジョンビ選手「40」、3位A・ロッド選手「38」、4位松井選手「34」、5位ジーター選手「32」。
打率では、規定打席には不足しているけれど、やっぱりA・ロッド選手の「.328」で1位。以下、デーモン選手、ポサーダ選手、松井選手が続きます。
開幕時、あれだけ湿っていた打線は今となってみれば3割打者がズラリと4人もいます。

抑えて勝つか、打ち込んで勝つか。
矛盾だらけのこのゲーム。まるで人生みたいだけど、どうせなら、派手に打ち勝ちたいもの。そんなチームからボクは「夢」の創作をしたくなります…。

今日で、5連勝。
松井選手の振り切ったバットから、明日こそ白球は高く舞い上がる…。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-06-18 13:57 | 第六章

a0094890_12143299.jpgここ数日間、MLBの情報が入らない環境で仕事をしていたから気になって…。

久々にアパートに戻り、洗濯や後片付けに溜まっていた手紙の整理などなど…。
所帯じみたことをし終えて…と。


さあ、ようやく自分の時間です。
コーヒーを入れば香りが広がって部屋は新鮮な感じです…。
PC君、どんなことになっているのか教えてもらいましょう。期待感をじっと抑えたままにして オン!

それいけ!

松井選手たち、ご無沙汰してましたが…元気でやってくれてたかなあ…。

んーー∞×※★◎#*☀#♫§ なにゅ!
なんだなんだ…うっそっー。

a0094890_12225418.jpgしらなかった… なんであいつら、ボクに…なんにも…おしえてくんなかったのよぉ。
ウソ、みたいなホントの話。松井秀喜選手が、ですよ、自分の誕生日(6/12)に「逆転満塁ホームラン」を打ち込んでくれていたとは!

そろそろ見たいよぉ~、と書いたばかりだったのに。
松井選手はボクの「夢」を叶えてくれていた、とは。

歴史的瞬間を見られなかった…この悔しさ、切なさ。反面、強烈なうれしさがこみ上げてくるのを抑えきれない。
「おめでとうございます 松井選手様」ハイ!


今日までヤンキース打線の結果を追いかけてみると、「ふつう」に戻ってますねぇ。 そうそう、これこれ。この打線こそ、ヤンキースらしい。しかも、アウェイですねぇ。適地での4連勝ではありませんか。
この結果は「お見事」です。
a0094890_12283164.jpg
長かったニューヨークの「冬眠」は、どうやら夏の訪れとともに目覚めたようです。

目覚めたきっかけは、6月7日(現地)、カンサスとの対戦からでしょう。
10点とられたのに、A・ロッド選手の2ランホーマーなどで跳ね返して、KC11-12NYYで大逆転。
デーモン選手はあの試合で「6-6」でした。これで、打撃成績が松井選手と並んだ。以後、ふたりは好調を維持したまま、まるでいい意味で好敵手みたいに打撃競争をしている。ボクには、ともに、いい刺激になっているかのようにも見えます。

デーモン選手と松井選手がお互いに打撃成績を意識する…。A・ロッド選手がさらに打点に目覚める。
ジーター選手が打って走る、カノー君がつなげる、そして、ジョンビ選手とアブレイユ選手が塁上の選手をきれいにお掃除。これこれ、これなんですよ。

あとは、投手だけ。これがまだ心配のタネです。
投手陣がいまいちなのは相変わらず。この投手力では、「10月決戦」に残れても、去年の二の舞。とても、ワールドシリーズに駒を進めるには難しい。
今日のニュースでは、王建民投手が右足のけんの部分の断裂で今季絶望とか。
ようやく打撃陣がつながってきたのに、投手の立て直しが今後の課題ですね。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

a0094890_12351564.jpg





…NY152…
by mlb5533 | 2008-06-17 12:29 | 第六章

見たくなってきたぞ…

本日は松井選手は完全休養日。

試合結果はNYY 3-1 OAK

ヤンキースは1回に2得点、9回が1得点の「両スミ得点」の試合。
王建民投手は持ち前の粘りの投球で、7勝目。昨日は同点から9回に投げたリベラ投手が打たれて負けましたが、今日はその雪辱。

9回、ホームランを打ったカブレラ選手がまたまたあのダンスを披露してくれました。

そう言えば、近頃めっきりホームランが出てないなあ、そう、松井選手です。
打球も上がらなくなったし…。ちと、派手なところも見たくなってきたボクです。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-06-11 16:10 | 第六章

ボクは想う…「家族そろってベースボールを観戦出来る国」って、うらやましいほどの平和に包まれた希望の光が輝いている国家なんだと。
ふだん、そんなことなんて忘れがちだけど、こうしてスタジアムに行けることを感謝していい、と思う。
父親が我が子に「あれがMLBを代表するホームラン打者A・ロッド選手なんだ。あの選手こそ、ミッキーマントル選手の記録を超えたジーター選手。守備も一級品だぞ…」と自慢げにいう。子供は母親から買ってもらったホットドッグをかぶりつきながら、大勢あつまる人々の声援に興奮していく…。

日本で昨日、とっても恥ずかしい、そしてものすごく悲しい出来事がありましたから、こんな時に大リーグのブログを書くなんて、なんともはや鈍感なヤツだろうと思われるかもしれない。2001年9月、ニューヨークでとんでもないことが起きた…。忘れたくても、絶対に忘れることが出来ない「あのこと」が。

でも、ヤンキースはそんなときであっても、残された試合を放棄しなかった。どんな悲しさの中にあろうと、ジーター選手、バーニー選手、リベラ投手たちはグランドでプレーしてくれた。その姿をボクは忘れることはない…。ボクの心の中で、彼等の勇姿を伝説にした。
ヤンキースタジアムでは7回裏「God bless America」を歌う。「あのこと」を忘れないために。そして、現在私たちがこうして平和であることを感謝して。

活気あふれた平和がいい。そのために、家族そろっていけるボクのスタジアムがあっていい。

  主よ 我らの一日を支え給え
  陽が傾いて 影が伸び 夜が訪れて
  世の喧噪が静まり 生活の熱が収まって
  仕事が終わるまで
  主の慈しみのうちに
  安全な宿と
  聖なる安らぎと
  平和が与えられますように

ベースボールゲームを「永遠」にするのは、平和を愛する人たちとその家族がいるから。
あなたこそボクのスーパーマンなんだ、と我が子が父にそう告げる日がきっとくる…。
a0094890_15474212.jpg

今日、ヤンキースは2本のホームランをニューヨークの青空に飛ばして、またまた逆転勝ちしている。
やっと、貯金が「ひとつ」できた。

人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-06-09 15:50 | 第六章

気絶しそうな朝に…

諸般の事情から昨日は完全に気絶してました。
個人的な作業なのですが、最終的な段階に入って体内時計がぼっ壊れた感じです。
気になると目が開き、淡々とした時間のなかにあっても、気は漫ろ…。で、ゴロっとしたらいまのいままで部屋のど真ん中で、気絶。目覚めた健康的実感ではなく、ふと気がついた、自意識が戻った私、そんなところです。

さてさて、と。洗顔してコーヒーを入れて、と。

仕事の前にまずはスポーツ面。サイトを見ると…あらあらあら、またかい!
KC11 - 12NYY

やってくれます、ヤンキース。もし、ボクがスタジアムに行ってたらパワー全開の応援になっちゃっただろうから声はかれ果て、試合後にはげっそり…していたことでしょう。延々と続く過激なジェットコースターにでも乗り込んだ後みたいになって、気絶したくなるところ。しんどい、なぁ、こんな試合は。このボックススコアを読んでいるだけでも、めまいがしてくる…。

サヨナラゲームといえ、観戦している方はもっともっとしんどかったでしょう。
だって、先発ペティット投手が7回途中まで投げて、自責点10。10、ですよ10.
なんでなの? と、7回を見たら、満塁ホームランを打たれて…。NYY6-10KCで再逆転されている。
4回にポサーダ選手、カノー君デーモン選手たちの集中打でNYY6-5KCと逆転していたのに、ここで満塁ホーマーとは。

ところが、7回。A・ロッド選手が2ランを打ち、8回はデーモン選手が2点タイムリーを打って同点。そこで監督さんが9回にリベラ投手を。そうしたら、なんとまあ、ホームランされていた。
これで、
NYY10-11KC

9回裏。ポサーダ選手がソロホームランして、デーモン選手がサヨナラ安打で、NYY12-11KC。ようやく決着です。テーモン選手は6-6。4打点の大活躍でした。なんでも、6-6はリーグタイ記録になったそうです。
a0094890_16475337.jpg

この日、松井秀喜外野手(33)は休養のため欠場していました。

試合後に、デーモンは「リーグ最高の打者をベンチに座らせて、ウチの層の厚さを見せることができた」とご機嫌だったとか…。

両チーム合わせて、31本の安打。カンサスのギーエン8号2ラン、9号満塁も含めて飛び出したホームランは、両軍で6本。もの凄い打ち合いだったわけです。
明日は、ビシッとしまった試合をしていきましょう。

投手の災難日、でした。
お疲れ様…。
a0094890_17271431.jpg



人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-06-08 16:49 | 第六章